暴走する食欲をヨガのポーズで回避!

涼しくなり、おいしい物がたくさん出回る季節は食欲も旺盛になり、ついつい食べ過ぎてしまうことも多いのではないでしょうか。あまりお腹が空いていなくても、目で食べ物を探してしまっているなんてこともしばしば。

そこで今回は、過剰な食欲をなんとかしたい……と思っている方におすすめのヨガのポーズをご紹介します。呼吸をしながらポーズをとり、リラックスすることで食べたい気持ちをフェードアウトさせましょう。
 

食べ過ぎ防止に効果的な『チャイルドポーズ』

チャイルドポーズは、お腹に圧をかけて深い呼吸を繰り返すので、「何か食べたい!」というソワソワした気持ちを落ち着かせるのに有効です。誰でも簡単にできるポーズなので、ぜひトライしてみてくださいね。
 
今回は両腕を左右に伸ばし、脇腹も伸ばすアレンジの動きも取り入れているので、座り姿勢が長くてむくみやすいという人にもおすすめです。

■効果:疲労回復、ストレス軽減、便秘、腰痛、坐骨神経痛、集中力アップなどの効果が期待できます。
 
■目安時間:3分を目安に実践。
 
■注意点:下痢をしている人や妊娠中の人はおすすめできません。また、膝を痛めている人は、無理のない範囲で実践してください。
 
■やり方:
1.両手を前の床に伸ばし、額を床に付けて首の後ろを伸ばす。
チャイルドポーズ1 正座姿勢からゆっくり両手を前に伸ばし、腰や背中をゆるめます

チャイルドポーズ1 正座姿勢からゆっくり両手を前に伸ばし、腰や背中をゆるめます。

正座姿勢になって軽く目を閉じ、ゆっくりと呼吸に意識を向けましょう。口元と頬を緩めて視線を落とし、顔の表情を緩めます。肩の力を抜き、そのままゆっくりと呼吸を繰り返しましょう。

2.そのまま両手を右方向に伸ばし、左脇腹を伸ばす。
チャイルドポーズ2 両手を右方向に伸ばし、左脇、脇腹を伸ばします

チャイルドポーズ2 両手を右方向に伸ばし、左脇腹を伸ばします。

この時、特に左のお尻がかかとから離れないように注意してください。両腕がお尻の付け根から伸びるイメージで脇腹を深く伸ばします。

3. ゆっくり正面に戻り、反対側も同様に行う。
チャイルドポーズ3 反対側も同様に、右脇、右脇腹を伸ばします

チャイルドポーズ3 反対側も同様に、右脇腹を伸ばします。

いかがですか?このポーズはリラックス効果も高いので、ストレスが溜まると食べ過ぎてしまうという人もぜひトライしてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。