電子レンジで1分!簡単温泉卵

所要時間:5分

カテゴリー:サブのおかず温泉卵

 

レンジで! 1分で! 簡単温泉卵

これまで、炊飯器などで、温泉卵の作り方を色々紹介してきました。温泉で作る実際の温泉卵とは、風味の違いはあるものの、食感と見た目は、限りなく温泉卵に近いものが出来ました。ただ、ある程度の時間がかかるのはどうしようもなく、今すぐ温泉卵が欲しい!って時は不便でした。

ということで、今回、電子レンジで1分で作れる温泉卵のレシピを紹介します。「温泉卵=白身がとろとろで黄身が少し固まっている」といった感じにはなりませんので、どちらかというと、半熟卵やポーチドエッグに近いのですが、必要な時にはすぐに対応できますし、柔らかさの加減が好きなように調整できるのもいいところです。

レンジ温玉の材料(1人分

主材料
1個
90cc程度
薬味・味付け
鰹節 鶏節 少々
ねぎ 小口切り 少々
白だし 少々
薬味と味付けは、鶏の削り節と小口に切ったねぎと白だしを使用しましたが、お好みの薬味や調味料を用意してください。

レンジ温玉の作り方・手順

電子レンジで温泉卵を作る

1:レンジ対応容器を用意する

レンジ対応容器を用意する
レンジ対応の、大きすぎない容器を用意する。卵は、直前まで冷蔵庫に入っていた冷たい卵を使う。

同じ容量の容器でも、写真の右側のように底が平らなものよりも、左側の底が丸い容器の方が、ころんとしたかわいい形になりやすいのでお勧め。

2:水を入れて卵を割り入れる

水を入れて卵を割り入れる
容器に水を入れ、冷蔵庫から取り出した卵を割り入れる。
水は、卵の後に注いでも良いが、先に入れた方が綺麗に仕上がる。

3:黄身を楊枝の先で刺す

黄身を楊枝の先で刺す
楊枝の先で、黄身の一か所を刺す(破裂を予防するため)。

4:電子レンジで50秒~1分10秒加熱する

電子レンジで50秒~1分10秒加熱する
電子レンジに入れ、600Wで50秒から1分10秒加熱する。

水の温度や卵の温度、水の量などで、火が通る時間が変わってくるので、卵の様子を見ながら加熱する。写真は、真冬の冷たい水道水90ccに冷たい卵を入れて1分加熱したもので、あと少し固めたい。

5:1分10秒加熱後

1分10秒加熱後
(4)を10秒追加加熱した卵の様子(合計1分10秒)。

6:ひっくり返すとこんな感じ

ひっくり返すとこんな感じ
裏は半生状態の黄身が見えているので、盛り付ける際に、白い方を出すか、黄身が見えるこちら側を出すかを決める。

7:盛り付け例1:鶏節と白だしをかけて

盛り付け例1:鶏節と白だしをかけて
温泉卵をスプーン等ですくって器に入れ、鶏節と白だしをかける。

8:盛り付け例2:サラダのトッピングに

盛り付け例2:サラダのトッピングに
生野菜の上にのせて、ドレッシングをかける。
他に、納豆や冷や奴、千切り長芋、牛丼、麺類、カレーなど、色々応用可能。

ガイドのワンポイントアドバイス

「黄身を楊枝の先で刺して穴を開ける」のは、黄身の破裂を防ぐためですが、今回10回ほど実験をした結果から言えば、1分ほどであれば、大きく破裂する事はなかったです(1回だけ、プクッと破れた)。しかしながら、卵がレンジの中で破裂してしまうと、危険なだけでなく、後始末が大変なので、やはり、黄身に穴を開ける作業はやっておいた方が安心です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。