温泉とその入り方を英語で説明

温泉とその入り方を英語で説明

外国人観光客にも人気のある温泉。
でも、興味があっても入り方がわからなかったり、人前で裸になって入る習慣について戸惑っていたり、実際に入るのには勇気がいるようですから、いろいろと説明することがありそうです。

今回は、日本人も大好きな温泉について、英語で伝えてみましょう。

英語で温泉はなんという?

天然温泉のことはhot springと言います。springには、春、バネといった意味がありますが、この場合は「泉」の意味です。

一方、温泉そのものでなくても、エステっぽい雰囲気でリラックスできたり、スーパー銭湯のような場所はspa(スパ)と言います。

日本における温泉とはどういうもの?~外国人向けサイトから

日本を旅行する外国人が参考にするJapan Guideには、温泉が次のように説明されています。

Natural hot springs (温泉, onsen) are numerous and highly popular across Japan.

語句:numerous多数の、おびただしい数の;highlyとても、かなり; across~の至る所で
拙訳:温泉は数多く存在していて、日本中で大人気です。

スッキリした簡潔な説明ですよね。Naturalと説明されていて、spaと区別していることが伺えます。Highlyと popularはよく使う組み合わせなので、ぜひ応用してみましょう。

hots

興味はあるけど尻込みする海外の方も


「温泉の効用」を英語で説明すると?

引き続き、Japan Guideの説明文を見ていきましょう。海外の方にはどんな情報を伝えれば良いのか、どう伝えたら良いのか、とても参考になります。

There are many types of hot springs, distinguished by the minerals dissolved in the water.

語句
:distinguished by~によって区別されている;dissolved in the water水に含まれている
拙訳:温泉には数多くの種類があります。温泉水に含まれるミネラル分で区別されているんです。

Different minerals provide different health benefits, and all hot springs are supposed to have a relaxing effect on your body and mind.

語句
:privide提供する; health benefit健康上の利益;be supposed to~するはずだ、することになっている;relaxing effectリラックス効果
拙訳:ミネラルが違うと効能も異なりますが、すべての温泉には心身ともにリラックスできる効能があります。

海外の”spa”と日本の”hotspring”の違い

外国人観光客にも人気の温泉

外国人観光客にも人気の温泉

宗教上の理由から、人前で肌を晒すことを良しとしなかったり、単に習慣がないために人前で裸になることに抵抗を感じる海外の方は多いようです。

でも、ドイツやフィンランドのサウナは全裸で入ったり、混浴のところもあるようです。日本でいきなり温泉に抵抗がある方には、水着を着たり湯浴みをつけて入れる温泉施設に案内するのも手かもしれません。

それから、”spa”はリラックスして浸かるところというよりは、泳いだりアウトドアの一つとして捉えているようです。

私が留学していたイギリスにも、”Bath”と呼ばれる温泉地がありますが、やはりエステのような感じの施設が併設されていて、日本のようにワイワイ入る場所ではありませんでした。

ぜひ”Bath”の公式サイトをご覧になって見てください。ローマ時代のテルマエロマエの世界が現存している世界遺産です

ちなみに”Bath”は、英単語のbathroomのbathの起源です。

いかがでしたか?
洋の東西を問わず、お湯に入るのは気持ちのいいもののようですね!上手に説明して、日本の温泉の良さも味わっていただきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。