「成人の日」を英語で説明すると?

成人の日を英語で説明してみよう

成人の日を英語で説明してみよう


お正月が過ぎてから間もなくの祝日である「成人の日」。女性は振り袖、男性はスーツのほかに紋付袴を着用する方もいらっしゃり、大変華やかで日本らしいお祭りですよね!「成人の日」や、お着物にまつわる英語表現をまとめてみましょう。

まず、「成人の日」を英語で言うと'Coming-of-Age Day'です。ある年齢(20歳)に達する日、というニュアンスです。例えば、2020年の成人の日は、以下のような英文で説明することが出来ます。

例)January 13th is a Japanese national holiday to celebrate those who have newly become adults.  It is called Coming-of-Age Day. (1月13日は、新たに大人になった人々を祝う日本の祝日です。成人の日と呼ばれます。)
 

「成人の日」を迎えるとどうなるの?

「成人の日」(20歳)を迎えると、日本ではなにがどのように変わるのかを説明してみましょう。まず、「大人」としてみなされますね!

When a person reaches 20 years of age, they are considered to be an adult in Japan. (日本では、20才になると大人と見なされます。)

また、飲酒が許されるようにもなりますね!
Drinking alcohol is permitted from this age. (アルコール類を飲むことがこの年齢から許可されます。)

そして、とても大切な権利として、選挙権も与えられます。
They are given the right to vote. (選挙権が与えられます。)
 

「成人の日」でも着る、お着物について英語で説明してみよう!

振り袖

振り袖


さて、「成人の日」に欠かせないお着物についても英語で説明してみましょう。お着物は、辞書にもkimonoとして掲載されている単語です。

Oxford Learner's Dictionary では、以下のように定義されています:a traditional Japanese piece of clothing like a long loose dress with wide sleeves, worn on formal occasions(以下略)(伝統的な日本の衣装で、幅の広い袖がついた長いゆったりとしたドレスのようなもの。改まった場で着用される。)

日本独特のもので、辞書だと挿絵などが基本的には多用されませんので、英語の世界でお着物に似ているものを引っ張って(今回はa long loose dressですね)来て、なるべく読者が想像しやすいように配慮されています。ただし、「振り袖」はまだfurisodeとして掲載はなく、男性用・女性用を問わず、kimonoで定義されています。

いかがでしたか?

毎年、素敵な大人が誕生する「成人の日」。今年も素晴らしい大人たちをお迎えすることによろこびを感じつつ。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。