Can you use chopsticks?は実は失礼だった?

「できますか?」を英語で丁寧に表現!Can youは失礼?

お箸使えますか?

海外の方に「お箸は使えますか?」と聞く場面を想像して見てください。

皆さんなら英語でどう尋ねますか?

「~できますか?」ですから、can you~?を使って聞きますよね?。

もちろん、これで文法的には何の誤りもありません。ただ、コミュニケーションの観点から見ると、ちょっと失礼にあたるかもしれません。さて、なぜなのでしょうか?
 

Can you~?という英語表現は「能力」を問う

日本語で考えれば、なんの問題もなさそうなCan you~?ですが、英語では、相手の能力について問う場合があります。

ですから、Can you use chopsticks?と聞いた場合、「あなたにはお箸を使える能力はある?」とか、「お箸、まさか使えないでしょ?!」のように伝わる可能性が高いのです。

外国の方からよく聞くのは「日本人だってナイフとフォークが使える。幼児じゃあるまいし、バカにされたように感じる」という意見です。「まさか出来ないよね?」という風に聞こえて、ちょっと相手の方を憮然とさせてしまうかもしれません。

日本人としては、自分たちの言語や文化は世界的にはメジャーではないと感じているため、「えー!すごい!」という気持ちで'Can you'を使っていますよね。でも、せっかく英語でコミュニケーションを取ろうとしたのに、それが伝わらないのです。

他にも、
  • Can you speak Japanese?(日本語は話せますか?)
  • Can you eat sashimi?(お刺身食べられますか?)
  • Can you understand Japanese tea culture?(日本のお茶文化は理解できますか?)
などは、こちらとしては全く悪気がないにもかかわらず、相手との関係を損なってしまいかねない聞き方です。
 

「できますか?」はCan youの代わりにDo youを使おう

Can youで聞くのは失礼になる場合があるので、まずはDo youに置き換えてみましょう。

例えば、
Can you use chopsticks? → Do you use chopsticks?
Can you speak Japanese? → Do you speak Japanese?

のようになります。
 

Do you~?は相手の習慣について聞く

では、Do you~?で聞くと、どんな感じに伝わるのでしょうか?

Do you~?は「~する習慣はありますか?」が元々の意味です。相手の能力を問うのではなく、「~したりしますか?」という感じです。

ですから、
  • Do you use chopsticks?は「お箸使ったりしますか?
  • Do you speak Japanese?は「日本語話したりするんですか?

のような感じになります。

いかがでしょうか。
Can youと聞かれれば、「そんなの当然できるに決まっている。子供じゃあるまいし!」と思われてしまうかもしれません。

でも、Do youで聞けば、「~をすることは日常生活であるんですか?」と伝わりますので、'Sometimes, yes'(時々使いますよ)とか、'Just a little'(少しだけ話します)のような返事が期待できるのですね。

外国出身の友人(Sara)と、初めて和食をいただこうとしているガイドの私(Yuka)の場面を想像してくださいね。
 
Sara:  This looks nice!  (和食を目の前にお箸を手にしながら)
Yuka:  Oh, can you use chopsticks?「まさかお箸使えるの?」
Yuka:  Oh, do you use chopsticks?「お箸使うの?」
Sara:  Yeah, sometimes.   「うん、時々使うよ」
 
cay

Can you?それとも?

 

能力を問わないCan you~?もあります

もちろん、Can you come to the party tonight?(今晩、パーティーに来られる?)のような聞き方は失礼ではありません。なぜなら、これは相手の「能力」を問うているのではなく、単純に「可能性」について聞いているからです。

相手に丁寧に依頼する時に使うCan you~?と混同しないようにしてくださいね。文脈で判断するようにしましょう。
 

能力を問うCan you~?はいつ使う?

例えば、ある程度の訓練や練習を積んだり、勉強したりして得られる技術などには使っても失礼に当たりません。

例えば、たとえ日本人であっても、普通にお琴を弾く習慣がある人はあまりいませんよね。そんな時には、Can you play the Japanese harp?と聞いても良い訳です。

いかがでしたか?

何の気なしに使っているCan you~?ですが、ちょっと気をつけるだけで気持ちがもっと伝えられるようになり、誤解を招くことなくコミュニケーションが取れるようになります。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。