なぜか思うようにキャリアアップできない…それ、身だしなみのせいかも?!

女性の身だしなみの基本

女性の身だしなみの基本

同じように仕事を頑張っていても、評価される人と評価されない人っていますよね。

なぜか自分は他の人より評価されていない……と感じているあなた、もしかしたら知らない間に身だしなみから来る印象が原因で実力を過小評価されているのかもしれません。

対人関係において、身だしなみはとても重要です。ビジネスでは身だしなみの良し悪しが、そのまま人物評価となるのです!

初対面でチェックされている、その身だしなみ!

人は初対面では相手のことを何も知らないので、相手がどんな人かを外見から推測します。第一印象は身だしなみなど外見の印象に影響されてしまうのです。第一印象で悪いインパクトを与えた場合、後々まで影響を及ぼすことがわかっています。

ビジネスシーンで、いつもしている身だしなみが実はNGだった、ということも。女性の場合、人から身だしなみを指摘されにくく、知らない間に評価を下げられていることもあります。

身だしなみを改善することで、評価も人間関係も変わってきます。自分の中身をしっかりと見てもらうために、以下のチェックポイントを参考にして下さいね!

評価を下げる女性の身だしなみ・ワースト5

  • 1)濃いメイクアップ、すっぴん
女性の身だしなみで、まずチェックされるのはメイクです。自分では念入りにしたつもりでも、濃すぎるメイクは信頼性に欠け印象を悪くします。

ラメが目立つアイシャドウや派手なカラーコンタクトなど、流行を取り入れすぎたメイクアップもNGです。また、すっぴんもビジネスシーンではマナー違反なので気をつけて下さい。

「おしゃれ」と「身だしなみ」は違います。「おしゃれ」は自分の好みや個性を重視してOKですが、「身だしなみ」は自分の立場や役割を重視したものでなければいけません。

  • 2)清潔感や周囲への気遣いがない服装
ビジネスシーンでは、清潔感のある服装が最も大切です。服のシワや汚れ、ほつれなどがないか、着る前に必ず確認して下さい。

袖や襟元の汚れは特に目立ちます。ファンデーションが襟元についていないかなども鏡でチェックしましょう。服についた毛玉もだらしない印象を与えます。

また、ミニスカートや胸の大きく開いた服など、過度にボディラインを強調した服は品位を下げ印象を悪くします。

制服がある場合、勝手にリメイクしたりアレンジするのはNGです。着ている人の評価を下げるばかりでなく、会社のイメージダウンにつながる可能性があります。

清潔感や周囲への気遣いがない服装は、その人の生活すべてがだらしなく見られて信頼を失うので注意して下さい。

  • 3)汚い靴、場違いな靴
「靴を見ればその人物」がわかると言われますが、汚れた靴は評価を下げる大きなポイントの一つです。

ヒールの傷も人目につくところです。ヒールの傷や底がきちんとメンテナンスできていないと、見た目が悪い上に歩くたびにカチカチと大きな音が出るのでひんしゅくを買います。

また、靴のデザインにも気を配って下さい。過度の飾りがある靴やハイヒール、サンダル・ミュール、ブーツなどは、時と場と相手をわきまえないと「非常識な人」というレッテルを貼られてしまいます。

  • 4)手入れが行き届いていない爪
名刺交換や書類の受け渡し、お客様を案内する場合など、指先は何かと人目につきます。

自由度が高い職種以外では、ネイルカラーやデザイン、爪の長さは気をつけないと「常識がない人」と判断されます。

はげたネイルカラーは不潔な印象を与えます。また、爪周りのささくれなども印象を悪くします。乾燥している場合は、爪専用オイルの使用やマッサージなどで、血行を良くして保湿するよう心がけましょう。

意外と見逃しがちなのが、爪の切りすぎです。深爪はがさつな印象を与えるので、短すぎる爪にも注意が必要です。

手入れの行き届いた爪は健康的で好印象を与えます。適度な長さに整え、ネイルカラーをする場合は、透明かナチュラルなピンクやベージュがおススメです。

  • 5)香水の強烈なニオイ
香水はつけすぎると相手に不快感を与えます。たとえ自分が好きな香りでも、相手にとっては苦手な場合もあります。

会議室やエレベーターなど、狭いスペースでは香りが充満するので注意が必要です。また、香りは慣れてくると自分では物足りないような感じがして、多くつけすぎることがあります。

香水は使い方次第で「良い香り」から「臭いニオイ」になります。周囲に配慮して使いましょう。

身だしなみは相手へのメッセージ

いかがでしたか?

自分は無意識でも、身だしなみを整えていないと、相手に対して「私はあなたに気遣いや心遣いをしていません」というメッセージが届いてしまいます。メッセージを受け取った相手は、あなたを「気遣いのできない人」と判断します。

身だしなみは、自分の考えや気持ちなど、心の内を相手に伝える、言葉ではないメッセージです。ビジネスシーンにふさわしい身だしなみで、印象アップを目指して下さいね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。