「疲れている?」良く聞かれる人は要注意!

S

老けて見られるのはハリのせいかも?

同年代の人よりも老けて見られる。肌にハリがなく、いつも疲れているように思われる。などお悩みを持っている人はいませんか?

その原因、もしかしたら肌の”ハリ”のせいかもしれません。

見た目年齢を左右する”ハリ”とは?

肌のハリっていったいなに?と思う方もいるでしょう。
A

ピーンとはった状態が理想

ハリのある肌とは、弾むようなピーンとはっている状態のことを言います。肌の内側にある真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがぎっしりと満たされた状態。これにより、表皮がピーンと張りつめた状態になるのです。要するに、肌の弾力があるかどうか。

反対に、空気が抜けてしぼんだ風船などがハリのない肌と表現されます。
ハリがなくなると、皮膚がたれてしまい、ほうれい線なども目立ち、老けた印象を与えてしまいます。

要するに、

「ハリがある肌」とは?
若々しく、元気はつらつとして見える。メイクのノリもよくなる。

ハリがない肌とは?
フェイスラインがたるみ、ほうれい線が目立ち老けた印象を与え、「疲れてる?」と聞かれやすい。


肌のハリが低下する原因は加齢だけじゃない

F

紫外線はハリに影響を及ぼします

なんといっても一番は加齢。確かにこれは誰にでも訪れることなので、仕方がないとあきらめている人も多いはず。しかし、同じ年齢でも見た目年齢が違う人もいるので、次の点に注意するといいでしょう。

加齢以外にも、紫外線のダメージや乾燥もハリには影響を及ぼします。
紫外線というとシミというイメージが強く、紫外線がハリに関係するの?と不思議に思うかもしれませんが、実は、紫外線のUV-Aは肌の奥深くまで入り込み、真皮に存在するコラーゲンなどのたんぱく質の細胞にダメージを与えます。

肌の弾力やハリを与える働きを持つコラーゲンなどのたんぱく質がダメージにより変性すると、肌にハリがなくなってしまい、たるみやシワなどの肌老化にもつながってしまいます。

ゆえに、紫外線はやっかいなのです。そのほか、大気汚染やほこり、乾燥、たばこも皮膚の細胞にダメージを与えるので要注意。

加えて、猫背も背筋が衰えてたるみの原因になるので侮れません。
ほかにも、ストレスや乱れた食生活も自律神経やホルモンバランスが崩れ、バリア機能が低下し肌老化につながってしまうので気を付けましょう。


あの頃のハリを取り戻すには?

Q

しっかり保湿してあげましょう

昔のハリを取り戻したいなら、まずはスキンケアを見直してみましょう。

1、保湿が重要
化粧水や、美容液、乳液、クリームなどを活用し、しっかりと潤してあげましょう。べたつくからと言って、乳液やクリームを省くのはかえって逆効果なので気をつけて。

2、紫外線対策
先ほども書いたように、紫外線はハリに大きく影響を及ぼします。そのため、紫外線対策は必須。特に40歳を過ぎたぐらいからはダメージもより受けやすくなるので、紫外線対策は通年を通して行うのがオススメです。

3、食事
コラーゲンもエラスチンも、真皮層にある線維芽細胞が作り出しているので、ハリには必要不可欠。加齢により減少したコラーゲンやエラスチンは、サプリメントで補うのも良いでしょう。

あとは、なるべくバランスの良い食事、食べる時間を一定にする、外食より自炊などを心掛けるのも大切です。

4、フェイスエクササイズ
25歳前後をピークにコラーゲンやエラスチンは徐々に減っていきます。すると、真皮層は表皮を支えきれなくなり、肌がたるんでしまうということ。ようするにハリがなくなってきてしまうのです。

顔の皮膚は、表皮、真皮、皮下組織でできています。これらはわずか数mmという薄さ。その下には筋肉があり、皮膚全体を支えています。ゆえに、この表情筋が衰えると肌はたるんでしまうのです。

何よりフェイスエクササイズで顔の筋肉をトレーニングしてあげましょう。体だって、トレーニングを怠ると、筋肉が落ちてしまうのと同じです。


オススメのながらフェイスエクササイズ

有名なところでは、「あいうえお体操」があります。あー、いー、うーと大きな口を開けて50音を言うだけ。

私自身は、入浴中に行っています。誰かに見られる心配もないし、思い切り大きな口を開けられるので、オススメです。

それ以外にも簡単にできるながらエクササイズがあります。
G

うがいのついでにフェイスエクササイズ

1、仕事しながらエクササイズ
気が付いた時(1日数回程度)に口角を上げましょう。口の周囲の筋肉はほかの表情筋とも連動しているので、口(口角)を動かすだけで、顔全体の表情筋もリセットされますハリもアップします。
会社が終わる1時間前くらいに行うと、アフター5がより楽しく過ごせますよ。

2、うがいしながらエクササイズ
うがいをするついでに、片頬ずつ膨らして5ずつカウントする。
その後、上唇と鼻の間の部分、続いてあごの部分を膨らます。仕上げに目を大きく開けて両頬と口元全部を膨らまします。
朝、これを行うと顔がスッキリして、1日気持ちよく過ごすことができます。

3、気分転換しながらエクササイズ
スマートフォンを操作している時はうつむきがちで無表情と最悪の状態。
そんな時は気分転換もかねて、頭を後ろにゆっくり倒して10秒、その後前にゆっくり倒して10秒。これを3セット。続いて、頭に手を置き、ゆっくりと横に倒す。手を変えて反対側。こちらも10秒を3セット。
これで首回りもほぐれて、猫背解消に効果的です。


ハリと表情筋は切っても切れない関係

W

ハリがあると笑顔も素敵に

顔には30種類もの表情筋があります。なかでも、口の周りの筋肉が衰えると、口角が下がりほうれい線がくっきり。しかも、いつも不満を抱いているような雰囲気になってしまいます。また、眉間にある筋肉が衰えてしまうと眉間に縦ジワができて、いつもしかめっ面のような雰囲気に。これでは、会う人に悪印象を与えてしまうことも……。

このように、ハリと表情筋は切っても切れない関係。表情筋の衰えのせいで老けて見え、ハリもなくなり損している人も多いので、まずは、表情筋を鍛えることがから始めてみてはいかがでしょうか。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。