今回はこんな質問が届きました
「ベースメイクをなるべく薄化粧に仕上げるにはどうしたらいい?」

Q. パウダリーかリキッドにするか、毎回悩みます。クリームチークがうまく使えないのも悩みです。なるべく肌は薄化粧にしたいので、ベースメイクのコツを教えて下さい。(30代・会社員)



A. 薄化粧に見せるコツは、境目をつくらないこと!ファンデーションを「つけるところ」「つけないところ」のメリハリも大事。

薄化粧に仕上がるベースメイクのコツとは?

薄化粧に仕上がるベースメイクのコツとは?

パウダーファンデ―ションとリキッドファンデーション、仕上がりはどちらも大差なく、テクニックがなくともきれいに仕上がるので、正直どちらを使っていただいても大丈夫。薄化粧風に、ちゃんと仕上がります。ただ、手間はかかるかもだけど、より薄化粧にということなら、リキッドがおすすめ。パウダリーのよさは“お手軽”なところ。リキッドのよさは乳液やクリームと同じで、しっとりと肌にフィットする“肌なじみ”のよさ。リキッドの方が、パウダリーよりみずみずしさ、ツヤっぽさが出て素肌っぽく仕上がるから。

でもね、パウダリーをよりナチュラルに見せる塗り方があります! それはスポンジやパフではなく、ブラシでつける方法。大きめのブラシを使って肌をなでるようにつければ、ふんわりと薄く広がるので、パフやスポンジよりぐっと量を少なく薄くのばし広げられますよ。そして、「つけるところ」と「つけないところ」のメリハリをつければ最高! これはリキッドでも同じこと。ファンデーションは均一に塗らない、これ基本です。

さらに、この「つけるところ」「つけないところ」の前の大事なポイントが、「境目」。眉、生え際、フェイスラインなどの境目です。ここにファンデーションやコンシーラー、お粉の存在感が悪目立ちしなければ、他をどんなに厚塗りしてても不思議と厚化粧には見えません。あっ! つけないんじゃないですよ。メイクが限りなく薄くなじんで、溜まっていないってことですよ。色ムラがあったりキメが乱れているところや、目の下から頬の三角ゾーン。この「三角ゾーン」が色ムラなくキレイでなめらかなら、肌がキレイという印象になるし、けっこうしっかりファンデがついていても、厚化粧には見えない。ここが肝!なんですよ。

最後の仕上げに、何もついていないスポンジでポンポンとなじませましょう。ぐっと素肌感がアップしますよ! 暑い夏などは、水で湿らせたスポンジでパッティングしてもいいですね。ひんやり気持ちいいし、よりフィットして素肌っぽさが出せますから。ちなみに隠したいところが多い大人肌の私は、ファンデーションはけっこうしっかりつけます。でも、最後に何もついていないスポンジで必ずパッティングするから、厚化粧には見えないはず。リキッド派の私は、しっかり塗るけれど、このパッティングのひと手間で、素肌っぽく仕上げていますよ!

もう一つ、クリームチークがうまく使えないというお悩み。クリームチークの色がつきすぎて悪目立ちする……または、色があんまり感じられずに存在感がない、のどちらかかな? 色がつきすぎちゃうなら、なじませればOK。スポンジを使えば超簡単です!この時全体をぼかしてなじませるのではなく、境目だけぼかすこと。肌とチークの色のコントラストをラインで残さなければOKです。

反対に、薄すぎて効果が出ないというなら、つける量が足りないか、もしくはつけてぼかしすぎてるか。指先に少しクリームチークをとり、指の第一関節までのばし広げ、黒目の下から頬の丸みに沿ってぼかします。指先だけでなく第一関節までのばしておけば、点ではなく、面でつけられるのでなじませやすいの。ファンデーションは、肌の色ムラも消してくれるけれど、血色も消してしまうから、ファンデーションの後のクリームチークは素肌っぽく見せるマストアイテム。上手に使ってより、素肌っぽく薄化粧を楽しんで下さね!

山本さんのおすすめアイテム

ロージーローザundefinedジェリータッチスポンジ

ロージーローザ ジェリータッチスポンジ

水でぷっくり!ぷるぷる感触で透明感のあるツヤ肌へ!

水を含ませると膨らむスポンジ。ジェルのような優しいタッチでファンデーションが肌にフィット。透明感のある薄づきの仕上がりにしてくれる。ハウス型で細かい部分もぼかしやすい。ロージーローザ ジェリータッチスポンジ ハウス型6P/480円(税抜)/ロージーローザ


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。