知っているようで知らない、自分の顔型を徹底分析

憧れの卵型がメイクで叶う!

憧れの卵型がメイクで叶う!

まぁるくバランスの取れた“卵型”の輪郭は、メイクの映える理想の顔型です。でも丸顔や面長だから……と諦めることなかれ! 卵型でなくても、メイクで卵型に近づけることができます。

まずは自分の顔型を徹底的に把握しましょう。顔を美しく見せる比率を学んで、自分の顔に当てはめて分析すれば、可愛い自分が見えてきます。


顔を3分割して中段&下段をチェック!

顔を携帯で撮影すると分かりやすい

顔を携帯で撮影すると分かりやすい


まずは顔を3分割してみましょう。鏡で見ているだけだと分かりにくいので、携帯で自撮りするのがおすすめ。撮影した画像に輪ゴムを2本巻くと、一目で3分割ラインが分かります。

■上段
眉山と眉山を結んだラインから上。主におでこにあたるゾーン。上・中・下段の幅が同じだとベストですが、前髪などでカバー可能なので気にしなくてOK。

■中段
眉山と眉山を結んだラインと、小鼻下のラインで挟まれた部分。眉上のライン~涙袋の長さと、涙袋~小鼻下までの比率1:1が理想的な鼻の長さです。

■下段
小鼻下のラインから下。唇、顔の輪郭があるゾーン。ベース型、丸型などの顔型は、主にこのゾーンを見て判断します。


顔の縦幅と横幅、理想の比率は1:1

理想の卵型は、中段と下段の比率が1:1の正方形。あなたの比率はどうでしたか? 縦長、横長の長方形をメイクで正方形に近づけることが大切です。

【縦幅が長かった人】
大人っぽい印象の面長さん

大人っぽい印象の面長さん

顔の縦幅が長い人は、年齢よりも上にきつく見られがち。メイクで縦の長さを分断し、横幅を強調することで理想のバランスに近づけることができます。

【縦幅が短かった人】
求心的になりかわいらしい印象

求心的になりかわいらしい印象


顔の横幅が長い人は、幼くふっくら見えがち。メイクで横幅を目立たなくし、縦幅を強調して理想のバランスに近づけます。


目の錯覚を利用したメイク!チークで顔の長さを調整

チークの入れ方1つでこんなに変わる!

チークの入れ方1つでこんなに変わる!

肌に血色感と明るさを出すだけでなく、顔のスペースをコントロールしてくれるチーク。左の斜めに入れた顔のほうが長く見えますよね。まったく同じ顔でも、チークの入れ方で顔の長さが違って見えます。横長に入れると頬が分断されて短く、斜めのだ円形に入れると縦長をサポートします。


目の錯覚を利用したメイク!眉毛編

顔型をコントロールしてくれる眉

顔型をコントロールしてくれる眉

同じ顔でも、右の弓なり眉の方が顔が長く見えます。このように長さや太さ、角度を変えるだけで顔のスペースがコントロールできる眉。平行眉は顔を短く、弓なり眉は顔を長く感じさせます。

メイクで目の錯覚! チーク&眉編はいかがでしたか? チークと眉を変えるだけで、コンプレックスのある顔型も理想の卵型に。メイクを味方につけて、もっと可愛い自分を叶えてくださいね。


参考書籍

「顔型を理想の卵型に近づけるメソッド」と「ポイントメイクトッピング技」を多数紹介しています。書籍もチェックしてみてください!

 関連記事

【特集】簡単キレイを叶える!整形レベルのメイクの小ワザ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。