貯金の方法がわからない人は、まずは家計の節約から

貯金をしたいけどなかなかお金が貯まらない人は、何が問題なのでしょうか。たとえば住宅購入や教育費のために、最終的には1000万円を貯めたいという目標を掲げた人もいるでしょうが、大きな目標のためにもまずは毎月1万円でもいいので貯金をする方法を考えてみましょう。

すぐに1000万円の貯金を作るのは難しいけど、いつかは達成したい!

すぐに1000万円の貯金を作るのは難しいけど、いつかは達成したい!



ポイント1 毎月の給料から先取り貯金して積み立てる

毎月定期的にお金を貯める鉄則は、まずは会社の制度にあれば、財形貯蓄を活用し、制度がなければ銀行の自動積み立て定期預金で強制的に先取り貯金をすることです。給与から先に貯金分を引いてしまうことで、残りのお金で生活をやりくりすることになります。これが毎月自分でお金を取り分けて積み立てるなどの手間がかかると、面倒になり貯金は増えていきません。

【関連記事をチェック!】
誰でも貯まる!1000万円の貯め方
1000万円を“確実”に“なる早”で貯める3ステップ


ポイント2 スマホ代やインターネット接続代などの固定費を見直す

毎月の支出で大きい費目の中に、スマホ代やインターネット接続代などの通信費があります。手取り月収20万円ほどでも、通信費として毎月2万円使っている家庭なども見受けられます。収入の1割が通信費になってしまっている家庭は、思い切った見直しが必要でしょう。通信費は定期的に見直して、格安スマホや節約できるプランなどを自分でも探してみましょう。

【関連記事をチェック!】
「金持ち体質」になる固定費節約
固定費削減がお金持ちへの道?支出を年間10万減らす

その他の生活コストを見直すコツとしては、

1 住居費や電話代などの固定費を最小限にする
2 一粒で二度おいしい方法を考える


などもあります。情報の集め方としては、「○○+節約」というキーワードで検索すると様々な節約のアイデアがあるので、真似をしてみて、節約で浮いた分は貯金にまわしていきましょう。また保険料、公共料金引き落としなどをクレジットカードにして、ポイントを貯めると一石二鳥です。

ポイント3 食費や光熱費の節約を工夫してみる

固定費を見直したら、食費や水道光熱費などの節約です。この流動費は季節によって変動することがありますが、いつも心掛けながら暮らすことで節約が習慣となり、じわじわと出費を抑えることができます。

【関連記事をチェック!】
1万円からはじめるプチ節約道

以下のような支出の削減効果を出すこともできます。

<毎月の節約金額>
水道光熱費の節約⇒3000円
食費・雑費の節約⇒3000円
服飾費の節約⇒4000円

合計で月1万円の節約も可能です。ムダ遣いをしなかった分を貯金にまわすことで、1000万円の貯金に近づいていきます。

ポイント4 積立に成功できるオススメ銀行は?

ポイント1で紹介した、「自動積立定期預金」を使う場合、銀行による大きな違いはありませんが、金利やサービスに違いがあることも。利用しやすく金利が高いネット銀行の商品でおすすめなものを紹介します。ソニー銀行の「積み立て定期預金」は1000円単位で預けられ、使いやすいですね。イオンが家の近くにある人はメリットが多いのが、イオン銀行です。都市銀行よりも金利も高めで、月末時点の定期預金残高が100万円以上になると、毎月25~100WAONポイントが付与されるなど、お得です。

【詳しくは関連記事をチェック!】
自動積立定期預金で確実に貯める!おすすめ銀行3

ポイント5 この貯金方法でまずは2.3年で100万円を目指す

先取り積み立てや、固定費と流動費の節約方法がわかったら、1000万円をまず目指そうとするのではなく、100万円貯金を目指すといいでしょう。目標は小分けにして考えたほうが達成しやすいのです。1年で100万円を目指そうとすると、1か月に8万円以上を貯めなくてはならないのでハードルが高くなりますが、100万円貯金に3年かけることを考えれば、毎月3万円貯めればOKです。上記の貯金方法・節約方法を行うことができれば、実現しやすい貯金額なのではないでしょうか。

【関連記事をチェック!】
1年で100万円貯めるには毎月いくら積み立てる?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。