決まった日に、決まった金額を自動的に貯められる

まずは自動積立定期預金から始めよう

まずは自動積立定期預金から始めよう

「自動積立定期預金」とは、毎月決まった日に、決まった金額を普通預金から定期預金に積み立てる商品。ほとんどの金融機関で取り扱っているので、誰でもすぐに始めることができます。

商品性は、どこの金融機関もほとんど変わりません。「すぐ」「簡単に」始めたいなら、給与振込銀行を利用するのが一番です。

というのも「貯められない」「積立は初めて」という人にとって、お金の移動を毎月行うのは意外にハードルが高い作業。続かない大きな原因になります。給与が振り込まれる銀行で、引き落とし日を給与振込日の翌日に設定しておけば、ほとんど給与天引きと変わらない感覚で確実に貯めることができます。

しかし預入方法や積立金額、期間には若干の違いがあるので、自分が利用する商品については内容を正しく理解しておく必要があります。

預入方法の基本は「あらかじめ指定した日に、決まった金額を積み立てる」もの。ただし、金融機関によっては……

(1)あらかじめ指定した日に最低指定残高以上のとき、超過分を自動的に積み立てる
(2)ボーナス時など増額月を設定できる
(3)いつでも追加で入金できる


といった、複数の方法を可能としているところもあります。

積立期間も……

(1)終了日を特に決めずに積立を継続する
(2)あらかじめ目標日を設定する
(3)一定期間ごと、または任意の時期に積立残高の一部を払い出せる


などがあります。

「とにかく貯めたい!」という人は、それほど意識しなくても構いませんが「使う時期が決まっている」「いつまでにいくら貯めたいという目標がある」人は、手続きをする前にしっかり確認しておきましょう。

低金利時代、積み立ても金利を意識しよう!おすすめネット銀行

自動積立定期預金の場合、金融機関による大きな違いはないと前述しましたが、金利やサービスに特徴がある商品も登場しています。そこで、全国どこからでも利用しやすく金利が高いネット銀行の商品でおすすめなものをご紹介します。
ネット銀行の自動で積み立てられる定期預金

ネット銀行の自動で積み立てられる定期預金

ソニー銀行の「積み立て定期預金」は1000円単位で預けられ、使いやすい仕組みの商品。マイナス金利時代のいま、長期=金利高めという図式は成り立たなくなってきているので、積み立てといっても1年ものを利用するのがよさそう。

日常の生活圏にイオンSCがある人は、何かとメリットが多いイオン銀行。メガバンクなどより金利も高めですし、月末時点の定期預金残高が100万円以上になると、毎月25~100WAONポイントが付与される(6か月間の対象取引額によって判定されるステージによって異なる)という特典もあります。

楽天銀行の「定期預金の積立購入」は、毎月積み立てたものをひとつの定期預金にまとめるのではなく、定期預金を毎月、指定した積立日に購入するというもの。仕組みは少し違いますが、毎月決まった日に、自動的に預け入れるという意味では同じです。金額は1000円から1円単位、指定した月だけ増額できるなど、使いやすさに変わりはありません。普通預金金利もメガバンクなどが「0.001%」なのに対し、楽天銀行は20倍の「0.02%」。定期預金の積立購入は2年ものが最もおトクで、さらに7.5倍の「0.15%」。低金利時代のいま、この金利は魅力です

お金を貯める一番の近道は、自動的にお金が貯まる仕組みを作ってしまうこと。そのために、自動積立定期はとても有用。コツコツ続けていけば、必ず目標額をクリアできます。

【関連記事をチェック!】
財形貯蓄なら誰でも貯められる!
ゆうちょ銀行の3つの積立でお金を貯めよう

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。