決まった日に、決まった金額を自動的に貯められる

「自動積立定期預金」とは、毎月決まった日に、決まった金額を普通預金から定期預金に積み立てる商品。ほとんどの金融機関で取り扱っているので、誰でもすぐに始めることができます。
 
お金を貯めるなら、まずは自動積立定期預金から始めよう

お金を貯めるなら、まずは自動積立定期預金から始めよう


商品性は、どこの金融機関もほとんど変わりません。「すぐ」「簡単に」始めたいなら、給与振込銀行を利用するのが一番です。

というのも「貯められない」「積み立ては初めて」という人にとって、お金の移動を毎月行うのは意外にハードルが高い作業。続かない大きな原因になります。給与が振り込まれる銀行で、引き落とし日を給与振込日の翌日に設定しておけば、ほとんど給与天引きと変わらない感覚で確実に貯めることができます。

しかし、預入方法や積立金額、期間には若干の違いがあるので、自分が利用する商品については内容を正しく理解しておく必要があります。

預入方法の基本は「あらかじめ指定した日に、決まった金額を積み立てる」もの。ただし、金融機関によっては……

(1)あらかじめ指定した日に最低指定残高以上の預金があると、超過分を自動的に積み立てる
(2)ボーナス時など増額月を設定できる
(3)いつでも追加で入金できる

といった、複数の方法を可能としているところもあります。

積立期間も……

(1)​​​​​​​終了日を特に決めずに積み立てを継続する
(2)あらかじめ目標日を設定する
(3)一定期間ごと、または任意の時期に積立残高の一部を払い出せる

などがあります。

「とにかく貯めたい!」という人は、それほど意識しなくても構いませんが「使う時期が決まっている」「いつまでにいくら貯めたいという目標がある」人は、手続きをする前にしっかり確認しておきましょう。
 

低金利時代、積立も金利を意識しよう! おすすめネット銀行

自動積立定期預金の場合、金融機関による大きな違いはないと前述しましたが、金利やサービスに特徴がある銀行もあります。そこで、全国どこからでも利用しやすいネット系の銀行で自動積立ができる商品をご紹介しましょう。
自動で積み立てができるネット銀行

自動で積み立てができるネット銀行


ソニー銀行の「積み立て定期預金」は1000円単位で預けられ、使いやすい仕組みの商品。超低金利時代のいま、長期=金利高めという図式は成り立たなくなってきているので、積立といっても1年もの、2年ものを利用するのがよさそう。またソニー銀行は、取り扱っている外貨の種類が多く、為替コストも低め、500円から積み立てができ、海外旅行の際に外貨のまま支払いができる「Sony Bank WALLET」もあるので、海外旅行へ行くことが多い人は外貨も少額ずつ積み立てるといいかもしれません。

日常の生活圏にイオンSCがある人は、何かとメリットが多いイオン銀行毎月の積立額は、5000円以上50万円以下なら1円単位でいくらでもOK。さらに利用状況に応じてイオン銀行スコアが付与されステージが確定し、普通預金金利もステージによって年0.03~0.15%になる優遇があります。最高のプラチナステージならば金利は年0.15%ですから、メガバンクなどの定期預金(0.01%)の15倍、普通預金(0.001%)の実に150倍。ネット系の銀行ですがイオンやイオンモールの一部には店舗がありますから、窓口で相談したいという人も安心です。

楽天銀行の「定期預金の積立購入」は、毎月積み立てたものをひとつの定期預金にまとめるのではなく、定期預金を毎月、指定した積立日に購入するというもの。仕組みは少し違いますが、毎月決まった日に、自動的に預け入れるという意味では同じです。金額は1000円から1円単位、指定した月だけ増額できるなど、使いやすさに変わりはありません。しかし、実は楽天銀行で金利メリットが大きいのは普通預金。メガバンクなどが0.001%なのに対し、楽天銀行は20倍の0.02%。ほかにも、楽天カードの引き落としがあると0.04%、楽天証券との連携口座マネーブリッジを利用すると0.1%といったメリットがありますから、証券口座の開設を考えている、楽天カードを持っているという人は検討してみる価値があります。

お金を貯める一番の近道は、自動的にお金が貯まる仕組みを作ってしまうこと。そのために、自動積立定期はとても有用。コツコツ続けていけば、必ず目標額をクリアできます。

【関連記事をチェック!】
財形貯蓄なら誰でも貯められる!
ゆうちょ銀行の3つの積立でお金を貯めよう
10年で1000万円貯める!を確実にする3つのルール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。