財形貯蓄には3つの種類がある

確実に貯められる一番の方法といえば、何と言っても給与天引き。引き出しにくくするためには、ATMなどで自由に引き出せない口座に貯めることがポイントです。シングル時代はキリギリス生活者(臨時収入があれば、あるだけ使ってしまう)だった私も、結婚し家計を預かる立場となって最初に利用したのが、夫の勤務先の給与天引き貯蓄制度でした。

給与天引き貯蓄の代表的な存在「財形貯蓄」には、「一般」「住宅」「年金」の3種類があります。
財形貯蓄には3つの種類がある

財形貯蓄には3つの種類がある


将来の人生設計が不透明な時期に始めることが多いので、使途が自由な「一般財形」を選びがちですが、おすすめは「財形住宅」。何といっても、利息に課税されないという大きなメリットがあります。住宅を新規購入したときだけでなく、増改築などのリフォームにも利用できますから、すでに住宅を取得している、将来は実家へ戻るから住宅取得の予定はないという人でもお金が必要になる機会はあるはず。

万が一、住宅目的以外として使うことになった場合も「一般財形」同様、利息に課税されるというだけで、特にデメリットはありません。

住宅資金は準備できているから、老後資金の準備をしたいという人は「財形年金」も利用価値大。支払った保険料の累計385万円までが非課税になるだけでなく、将来、年金として受け取った際も非課税扱いになるなど、税制面で大きく優遇されています。

貯めるだけでなく借りる時も有利な制度がある

このほか財形貯蓄には、下記のように住宅資金を借りることができる制度もあります。
財形持家転貸制度の概要

財形持家転貸制度の概要


各種の住宅ローンと最も違うのは、適用金利が申込時に確定すること。新築住宅(特にマンション)の場合、引き渡し時から1年以上前に購入を決めることがよくあります。住宅ローンは実行時の金利が適用されるため、購入決定時と金利が異なると資金計画に大きな影響を与えます(金額が大きく期間も長いので、わずかな金利差でも意外に差が出ます)。そんな不安がないのは、大きなメリットだと思いませんか。

財形貯蓄がなくても、まずは勤務先に確認を

財形貯蓄の最大の問題は、勤務先が制度を導入していないと加入できないこと。しかし、そんな場合も勤務先に給与天引きの貯蓄制度がないか、念のため確認してみましょう。独自の社内預金や組合の積立制度など、財形貯蓄でなくても有利な貯蓄制度を導入していることがあります。

貯められない人にとって、給与天引きは「知らないうちに貯まっていた!」となる貯蓄の秘策。ぜひ活用したいものです。

勤務先に給与天引きの貯蓄制度がない人や、給与所得者でない人は自動積立預金などを利用して、給与天引きに準じるシステムを自分で作るといいでしょう。

【関連記事をチェック!】
自動積立定期預金で確実に貯める!おすすめ銀行4
ゆうちょ銀行の3つの積立でお金を貯めよう

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。