相談相手のニーズにすべて応えてあげることは、適切な援助か?

電話をする女性

たとえば、不安になるたびに電話してくる人の話をオンデマンドで何時間でも聞く。それは、相手にとって本当に必要な援助ですか?

困っている人の力になりたい……そう思えるのは、親切心や優しさがあってこそ。しかし、ただ親切な気持ちだけで援助していると、結果的に相手のためになっていないことが少なくないのです。

たとえば、ささいなことで不安になり、すぐに誰かに話を聞いてもらいたいという人から連絡があったときに、「すぐに応じてあげなくては!」「相手の気が済むまで話に付き合ってあげなくては」といった使命感で、相手の求めに従って、何度でも無制限に話を聞いている方がいます。

こうした援助は長い目で見ると、相手のためになっていないものです。すぐに話を聞いてもらえれば、すぐに気持ちは楽になるでしょう。でもこれが習慣になると、本人の内省力や自己解決力が身につかなくなってしまいます。その場の憂さを晴らしているだけで、結果的にストレス対応力を弱めてしまうかもしれないのです。

ストレス対応力を上げるには、つらい気持ちと向き合い、自分なりの対処方法を試みることが必要です。

たとえば、不安や怒りが落ち着くまで待つ、深呼吸をして気分転換をする、違う角度から物事を捉えてみる。こうした対処方法を色々試すことで、ストレスに強くなっていきます。
 

勝手な判断でお節介を焼くと、相手の迷惑になることも

腕組みをする男性

「君をためを思ってやったのに」…相手の気持ちを聞かずにサポートすると、迷惑になることもある

また、本人が自分でできることに、むやみに手を貸してしまう。これも、相手のためになっているとはいえません。たとえば「嫌がらせを受けている」と相談されたときに、本人の了解を得ずに、嫌がらせをしている人をたしなめる。こうしたお節介は、相談者の迷惑になってしまうことが多いものです。

相談を受けたときにまず大切なのは、相手が自分にどんな援助を望むのかを確認することです。話を聞いてくれるだけでいい、という人もいます。アドバイスをもらいたい、という人もいるでしょう。自分から「やめてほしい」とは言い出しにくい――こうした場合には、本人に代わって嫌がらせをする人と話をすることが必要になるかもしれません。

上のようなステップを踏まずにむやみにお節介を焼くと、関係性をこじらせ、相手に迷惑をかけてしまう可能性もあります。
 

相談者と援助者が守るべき、時間と責任の「境界線」

困っている人を援助する際に、もう一つ大切なことがあります。それは「境界線」を設定することです。

境界線とは、自他の領域を分けること。境界線は英語で「バウンダリー」といいますが、壁「バリア」のことではありません。一線を引きながらも相手の様子を見守り、必要なときにすぐに声をかけたり、助けたりすることができる立ち位置にいることなのです。

境界線にはいくつもの種類がありますが、なかでも大切なのは「時間」と「責任」の境界線です。

「時間の境界線」を引くには、「〇時までなら話を聞けるよ」「次回は、○日後にまた話をしよう」というように時間の設定をすることが必要です。「責任の境界線」を引くには、「自分がやるべきこと」と「相手がやるべきこと」の範囲を話し合い、明確にすることが大切です。
 

困っている人にとって、本当に必要な援助とは何か

そもそも、困っている人に必要な援助とは何でしょう? 本人が自信を回復し、できるかぎり自力で問題解決できるためのサポートをすることではないでしょうか。

これを実現するためにも、相談者の気持ちに寄り添って励ましの言葉をかけながら、互いの境界線を明確にしていきましょう。そして、本人が自信と問題解決力を発揮できるようにしていきましょう。このことが、困っている人を援助する上でのとても大切な心がけなのです。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項