おからの魅力…安いうえに栄養たっぷり!

おからの種類と選び方!安くて食物繊維たっぷりな大豆の絞りかす

大豆の絞りかすであるおから。フワフワな触り心地の中に驚くほどの魅力が詰まっています。

クリーム色で、しっとりと水分を含み、ふんわりと細かな粒状のおから。豆腐の副産物であるおからは「卯の花」「雪花菜(きらず)」とも呼ばれ、私たちの食卓にはなじみ深い食品のひとつです。できたてのおからは、封を開けた途端にふうわりと豆乳の甘い香りが漂い、そのおいしさは格別です。

口当たりがパサパサしている、すぐ悪くなってしまうといった理由で敬遠される声も聞きますが、なんてもったいない! おからは大豆由来の栄養素をたっぷりと含むだけでなく、安価に手に入れることのできる優秀な食材で、主菜・副菜・お菓子などに活用できます。こんなにいいものをお安い価格で提供してくれることにひたすら感謝してしまうほどです。

ここではおからの栄養・安さの秘密・種類・手に入れ方について解説! おからへの興味が増すような話をしていきたいと思います。

<目次>
     

おからの栄養…食物繊維が豊富!女性に嬉しいイソフラボンも

大豆・豆乳・おからの栄養成分比較表

大豆・豆乳・おからの栄養成分比較表

おからは豆腐の副産物、いわば大豆の絞りかすだから、栄養もあまり残っていないのではないかと思われがちですが、とんでもない! 大豆由来のタンパク質カルシウム食物繊維などが豊富に残っています。表に大豆・豆乳・おからの栄養素の比較表があるので参考にしてみてください。 


特に豊富なのが食物繊維で、おから50gで、1日に必要な食物繊維量の約1/4をとることができます。その他、健康成分で注目度の高いレシチンサポニンイソフラボンも残っています。レシチンは血液をサラサラにしてくれる効果が、サポニンは脂肪の蓄積を防ぐ効果が、イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きを持ち、女性特有の悩みに効果的と言われています。
 

おからの種類と選び方…生おから、おからパウダー、長持ちタイプなど

スーパー、お豆腐屋さん……手に入れる場所によって、おからの種類が違うことはご存じでしょうか? 同じおからでもそれぞれに特徴があるので、用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

【生おから】
生おから

生おから

豆腐屋さんで手に入るおからと言えばコレ。その日に仕込まれたできたてホヤホヤのおからは、大豆の風味がしっかりと残っており、そのまま袋詰めにされていることが多いです。

水分(豆乳)を活かしてポテトサラダに混ぜたり、パンケーキに混ぜたりするとおいしいです。ただし足が早いので、消費期限が1日ほど。早めに食べるか、冷凍保存をおすすめします。

豆腐屋さんによって絞り具合が異なるので、ものによっては豆乳がしっとりと含まれていたり、ギュッと絞られてパラパラだったりします。大豆の種類が確認できる場合も多く、こだわり栽培の大豆もあれば、地域在来品種の大豆もあります。お豆腐屋さんと顔なじみになれば、種類を指定しての注文ができるお店もあります!

【長持ちタイプのおから】 
おから

おから

スーパーで手に入りやすいのが、消費期限が3~5日ほど長い長持ち対応のおからです。水分を少なめにすることによって、傷みにくくしているのです。ものによって真空パックになっていたり、水分をしっかり絞って容器にパックされていたりします。




【おからパウダー】 
おからパウダー

おからパウダー

おからの水分を蒸発させて、細引きのパン粉のようにカラカラにしたものです。保存期間が長く、ものによっては半年以上保存できます。豆乳・水で戻して生おからにしてもよいですし、焼き菓子に加えても◎。常備するのに便利です。メーカーによって、パン粉のようなものから、水分にすぐ溶けるパウダータイプまであるので、用途に合わせて選んでみてください。

 

おからが安いのはなぜ?おからの豆知識

ところで300gの(乾燥)大豆から、どれくらいのおからが出るかご存じでしょうか? おからは、乾燥大豆を水で戻したものをすりつぶし、濾して作ります。濾したものが豆乳に、濾し布に残ったものがおからです。この濾し布に残るおからの分量を想像してください。実は400g前後のおからができているのです。おからは材料である大豆より多くできるものなのです。

そのため、豆腐製造で生まれるおからは、肥料にしたり、加工して商品にしたりと豆腐屋さんが労力を割いて処理しており、私たちの手元に届くのは全体量の1割にも満たないと言われています。そうした背景の元、お安い価格で提供されているのです。

リーズナブルな上に栄養たっぷりなおから。ぜひ普段の食卓に取り入れてみてくださいね!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。