おからは商品? それともサービス品?

おから

栄養豊富で安価なおから色々

関連記事リーズナブルで栄養たっぷり!おからの選び方にて、おからの豊富な栄養や種類をお伝えしました。安くて栄養もたっぷりなおからの魅力を知ると、豆腐屋さんでおからを選んでみたくなってきませんか?

しかしいざ足を運んでみると、おからの扱われ方はお店によって様々です。売り物であったり、サービス品であったり、そもそも店頭に置いていなかったり……。

そんな中、TV番組では「大量におからを譲ってもらう」なんてことが節約術として放送されていることがあるようです。無料であれば嬉しい限りですが、実際はどうでしょうか? 

そこで、豆腐屋さんがどのようにおからを扱っているか、アンケートを取ってみました。比較的、少人数で営んでいらっしゃるお豆腐屋さんからの回答が多かったのですが、参考にしてみてください。

■おからを店舗でどう扱っているか
  • 約80%の豆腐屋さんが小分けにして販売 
  • 約25%の豆腐屋さんが、ほかの商品を買っていただいた場合、サービス品としてつけてくれる
  • 約25%の豆腐屋さんが加工品にして販売
■無料でもらえるものなのか?
  • おからは商品として扱っているので、買ってもらう(34.4%)
  • 商品を買ってくれるお客様にはできる範囲で対応している(25%)
  • 商品を買わないお客様でもできる範囲で対応している(15.6%)
  • 商品を買わないお客様には対応しない(3.1%)

豆乳を濾して作ったおからは温かいので、一度冷ます必要があったり、小分けに袋詰めしたりと、手間がかかるもの。商品として販売されている店舗が多いことに納得がいきます。お店によっては、サービス品として扱っていたり、商品におから代を込みにしていたりと様々でした。大量のおからを無料で、というのはやはりTV番組の企画ならではなのかもしれませんね。

豆腐屋におけるおからの扱い方に関する調査

ガイドが豆腐屋さんに回答をお願いしたアンケートの詳細な調査結果です。

■お店(本店)を構えられている地域を教えてください
おから

 

■お店の規模について教えてください
お店のタイプ

 

回答してくださった豆腐屋さんは、小規模経営が7割ほどを占めました。

 ■お店のタイプについて教えてください
おからパウダー

 

8割以上がその場で作った豆腐を売っている店舗でした。

■おからをどのような状態で販売されていますか?(複数回答)
おから

 

8割以上が小分けにしたおからを販売しているのが分かります。「加工して販売」と回答いただいたお店の中には、おからをお惣菜にしている場合もありました。

■TVなどの節約特集で、豆腐屋さんでおからをたくさん譲ってもらう場面がありますが、そのようなお客さんが来た場合の対応で一番近いものを教えてください。
おから

 

商品を買った場合・買わない場合を合わせると、対応してくれる店舗が4割もあって驚きです!

おからが無料でもらえるかどうかはお店による

ガイドが行く豆腐屋さんでは、おからをサービス品として渡してくれるので、それが当たり前だと思っていました。しかし、今回のアンケートを通して話を聞いてみたところ、豆腐屋さんごとにこだわりの大豆を使っていたり、冷ましてから小分けにしたり、と手をかけていることが判明し、我が物顔でおからを無料でもらえると思っていたことを少し恥ずかしく思いました。

おからがもらえるかどうかは店舗によりけりですが、いずれにしろ安価で手に入るもの。栄養もたっぷりなおからを買って、料理に活用してみてください。また、豆腐屋さんにはおいしい豆腐に揚げ、お店によってはお惣菜に豆腐スイーツもあります。これまで馴染みがなかった方も、ぜひ気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

■アンケートについて
・調査方法 : 一般社団法人 日本豆腐マイスター協会を通じてのwebアンケート
・調査目的 : おからが無料なのか有料なのかどうかの実態調査
・回答数 : 32
・調査期間 : 2017/3/28~2017/4/6
・調査エリア : 日本国内
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。