今回はこんな質問が届きました
「BBクリームとCCクリームの違いが正直よくわかりません!」

Q. BBクリームとCCクリームの違いって何でしょう?どちらも種類がいろいろあって、店頭で選ぶときにいつも悩んでしまいます。(30代・主婦)



A 「BBクリーム」「CCクリーム」正直そう違いはない。お好みで選んで大丈夫!ただその際は「説明書き」をよく読んでたくさん試してみて。

BBクリームとCCクリームの違い

 


オールインワンで手軽に使える「BBクリーム」や「CCクリーム」、やっぱり人気がありますね。以前、「BBクリームに下地は必要?正しい使い方は?」というお話をしました。

要約すると、「BBクリーム」は、もともとは美容医療の盛んな韓国で生まれ、治療後の患者さんの肌の赤みや傷跡を目立たなくする肌色補正と保湿や紫外線防止など美容効果の2つの目的で作られたもの。刺激が少なく、クレンジングしなくても済む便利さも加わり、日本でも大人気になりましたね。そのあと登場したのが「CCクリーム」。CCのほうが「BBクリーム」より、スキンケア効果が高くて、光のコントロール効果などでシミ、くすみ、しわなどのお悩みを補正すると言われているのですが……。実際は?というのが私の見解なんです。

というのも、「BBクリーム」「CCクリーム」って実は各メーカー、ブランドによって、実は線引きがあいまいなんです。そこで、私の中ではBBやCCはファンデーション未満、「化粧下地」の仲間と位置付けております。これひとつでオールインワンとしても、下地としても、ファンデの前に使ってもいい。そこはもう完全にお好みでどうぞ、って感じなんです。

だから、気になるものがあったら、その製品の“いちばんの売り”をチェックして、まず試してみましょう。それが、“自分が求めていること”と一致するかどうか。試すとわかると思いますよ。とはいうものの、先に言ったようにファンデーション未満なので、ファンデほどの大きな違いはありません。ですから“いちばんの売り”、メインのキャッチコピーをチェックすればあとは使い心地だと思います。

その使い方ですが、BBクリームやCCクリームは本来、単品で使ってももちろんOK。上からフェイスパウダーを重ねるという方もいます。フェイスパウダーを重ねると質感がアップするので、私も松竹梅の「梅の日」(※)はそうします(※普段、メイクの程度を松竹梅の3段階に分けています。お休みの日やプライベートでリラックスしたい日は「梅」、仕事や人に会う日は「竹」、おめかししてちゃんとする日を「松」と設定)。

よくご質問で、「パウダーファンデーションを重ねるのは?」と聞かれるのですが、BBやCCだけである程度、肌が整ってしまうので、上からファンデーションをつけると、厚づきになっちゃう場合も。全体に塗らず、肌のきれいの見せどころに塗るのがおススメです。「肌のキレイの見せどころ」とは、“目の下の頬の三角ゾーン”。この頬ゾーンは、崩れにくい上に、面が広いのでファンデーションを生かせるので、きれいにしておくと効果的です。ここにちゃんとファンデを塗って、外側に向かって薄くぼかすだけで、全体に厚塗りではないのに、“肌がキレイな人”に見えるんです。

さて、数ある「BBクリーム」「CCクリーム」の中からお好みを見つけるには、やはりトライ&エラーが大切。まずは肌をどうしたいか!キャッチコピーを参考に選んでみてくださいね。


山本さんのおすすめアイテム

d プログラム アレルバリア エッセンス BB

d プログラム アレルバリア エッセンス BB

春先の不安定で荒れやすい肌を守りつつ、BB効果で肌色もカバーしてくれるエッセンス
アレルバリアテクノロジー搭載で、花粉や有害な微粒子から肌を守りつつ、BB効果で肌の色ムラを自然にカバーしてくれる多機能エッセンス。不安定で肌荒れしやすい春先の肌にも安心。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方で紫外線も防げる。少量で薄く伸び、フィット。2色展開。dプログラム アレルバリア エッセンス BB SPF40・PA+++/40ml/3000円(税抜)/資生堂インターナショナル


ミネラルCCクリーム

ミネラルCCクリーム

1本で5役!美容液、下地、コントロールカラーなど多機能なミネラルCCクリーム
ミネラル美容成分からできた肌にやさしいCCクリーム。美容液、化粧下地、コントロールカラー、UVケア、外的刺激からお肌を守る、この5つの多機能クリーム。みずみずしいとろみのあるテクスチャーで気になる、毛穴、色ムラをカバー。石鹸とぬるま湯で簡単にメイクオフできる。ミネラルCCクリーム SPF38 PA+++/3200円(税抜)/エトヴォス 2017年3月24日発売・個数限定。

 



 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。