今回はこんな質問が届きました
「頬にできた吹き出物や赤ニキビをメイクで少しでも隠すには?」

Q. 頬の吹き出物を隠すときは、コンシーラーを使ったほうがいいのか、それとも化粧下地やファンデーションがいいのか迷います。(20代・会社員)


A. ファンデーションの重ねづけで吹き出物をカバーしきれないところはコンシーラーを。広範囲で赤みのあるところはコントールカラーのある化粧下地がおすすめです。
吹き出物や赤みをメイクで自然に隠す方法は?

吹き出物や赤みをメイクで自然に隠す方法は?

20代のお年頃の女子で頬の吹き出物、そりゃ気になりますよね。ただ、吹き出物と言っても、部分的にできた凸凹ニキビの場合と、広範囲の赤ニキビの場合だと、メイクの仕方もちょっと違ってきます。

でもね、みなさんもご存じと思いますが、本当は何も塗らないほうが安心なの。だから、お出かけしないならメイクはせずに過ごすのが理想です。でも、そうも言っていられないですよね!? 基本は、普段の化粧下地やファンデーションでメイクして、吹き出物が目立つところだけファンデーションをスポッツ的に重ねづけするのがおすすめです。

それでも部分的な凸凹が気になるときは……。重ねづけにコンシーラーを使います。ピタッとフィットしてカバー力も高い。それゆえ、たくさん塗ると厚塗りにも見えるので、筆やペンシルなどで薄―くスポッツ的に使いましょう。赤味が気になるところはチップや筆先でチョンチョンとカバーして、その上から薄くパウダーで押さえておくと、ヨレづらくコンシーラー効果が長持ちしますよ。

では、広範囲の赤ニキビの場合はどうするか? まず、赤の色味を消す必要があるので、カラーコントロール効果のあるグリーンやブルーの化粧下地を使いましょう。これを下に仕込んでおけば、厚塗りも防げちゃいます。その上からファンデーションを塗ると、ほぼ赤味は目立たなくなりますよ。また、凸凹の吹き出物の場合、凹の部分が影になってしまうので、その場合は少し明るめの化粧下地を使うといいですね。

そして、吹き出物が気になるときの注意点。メイクをするときに、近くで見過ぎないこと。こういうとき吹き出物がとっても気になっちゃうでしょ? まず、ベースメイクをした後、ポイントメイクをして、その後気になるところを部分的に重ねづけ。そしたら次に鏡で「木も見て森も見る」。腕1本分、離して確認してみましょう。ポイントメイクをすると案外気にならなくなっているものなんですよ。

また、今では化粧品のラインナップも充実して、どのメイクアイテムもニキビケア用や薬用タイプが出ています。ニキビや吹き出物を悪化させない処方の化粧下地やコンシーラーも出ているので、どうしても長時間メイクをしなくてはいけないときは、そういったものを選ぶと安心。皮膚科でも、メイクアップのアドバイスにのってくれるところがあるので、どうしても気になる場合は相談してみるとよいですね。

最後に、吹き出物やニキビは気になるので、ついついその気になる部分から見てしまいます。でも、それだとテンションも下がっちゃう。何となく~気にならなければOK! そういう気持ちでポイントメイクを頑張ったりして、気分も視線もそらしながらおしゃれを楽しむのも手ですよ。

山本浩未さんのおすすめアイテム

d プログラム メディケイテッド コンシーラーベース(医薬部外品)

d プログラム メディケイテッド コンシーラーベース(医薬部外品)

ニキビや肌荒れを防いでメイクを楽しめる薬用化粧下地
化粧のりや化粧もちを高めながら、ニキビや肌荒れを防ぐ薬用化粧下地。コンシーラー効果でニキビ跡や肌荒れもしっかりカバーする。敏感肌の方や、肌のコンディションが不安定なときにもおすすめ。オールシーズン用。SPF16・PA++/d プログラム メディケイテッド コンシーラーベース(医薬部外品)/2700円(税抜)/資生堂

 

 

NARSundefinedソフトマットコンプリートコンシーラー

NARS ソフトマットコンプリートコンシーラー

しっかりカバーするけれど軽やかでナチュラルな仕上がり!
オイルフリーのクリームタイプで自然な仕上がり。ソフトフォーカス効果で気になるところをぼかしてしっとりカバー。肌に均一にフィットしてまるで素肌のような仕上がりに。どんな肌色にも合うよう8色のシェード。ナーズ ソフトマットコンプリートコンシーラー 1280/3400円(税抜)/NARS

 





 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。