リラックスだけじゃない!お風呂の効用と注意点

入浴

体が温まり疲れがやわらぐお風呂は、リラックスできる時間

私たち日本人はとてもお風呂好き。高温多湿という気候風土や、水資源が豊富という背景もあって、多くの人が毎日のようにお風呂に入るという習慣が根付いているようです。

お風呂が好きな理由としては、「さっぱりする」「身体が清潔になる」のはもちろん、温かいお湯にゆったりとつかり、1日の疲れが吹き飛んだような気分になることも大きな魅力ではないでしょうか。

実際、お風呂に入ることは、心身の健康面にさまざまなメリットをもたらしてくれます。たとえば、血流が良くなりコリや疲れがやわらぐ、汗をかいて老廃物が排出される、内臓の働きが良くなるといった効果や、プールや海と同じように浮力がはたらき、身体がフワリと浮いて気持ちがリラックスする効果も期待できます。

ただし、メリットばかりとは限りません。お風呂の中では私たちの皮膚は無防備で、さまざまな刺激と触れやすい状況にあります。そのため、入り方によっては思わぬ肌荒れを招くこともあるのです。

お風呂は皮膚のうるおいが失われる?

まず押さえておきたいのが、お湯につかった皮膚は、つかる前より乾燥するという点です。

入浴後に皮膚を触ると「シットリしている」かもしれませんが、これは、入浴中に皮膚表面が水分で覆われ、潤っているように感じるためです。実際には、皮膚の角質層は水分を吸収してふくらみ、細胞のすき間から天然保湿因子やセラミドなどのうるおい成分が流れ出てしまっているのです。

そこでオススメなのが、セラミドやスクワラン、ホホバ油、植物エキス等の保湿成分を配合した入浴剤を使うことです。保湿成分が皮膚に浸透し、失われたうるおい成分を補ってくれるため、乾燥が気になる人には適しているといえます。

ただし、同じ入浴剤でも炭酸ガス系は身体を温める効果が皮膚のかゆみを強めるため、もともと肌荒れのある人には注意が必要です。イオウ成分が配合された入浴剤も、皮膚を乾燥させるため、うるおいが欲しい人は避けた方が良いでしょう。

入浴剤にもさまざまなタイプがあるため、表示を確認した上で、自分の好みに合ったものでうるおい成分を補うといいでしょう。


>次のページは、洗い方によって皮膚が黒ずむ?

※上記の内容は、執筆者または編集部が特定のサービス・商品などを保証するものではございません。