メイク前のリンパ流し&ツボ押しマッサージで顔がすっきり

メイク前のマッサージがメイクの仕上がりを左右する

メイク前のマッサージがメイクの仕上がりを左右する

朝メイクをしようと思ったら、むくんでるし、くすんでる! 慌てて高級パックをするよりも、メイク前の1分間マッサージが効果的です。ただマッサージというと、顔ばかりを重視する方が多いのですが、実は顔と首や鎖骨はつながっています。まずリンパの流れの大元となる脇や鎖骨をマッサージしてから、顔をマッサージするとより効果的にむくみやくすみを解消することができますよ。

マッサージをする際は、必ずオイルや乳液を付けた状態で行うようにしましょう。せっかくのマッサージも摩擦で逆効果になってしまいます。私のおすすめは、まず1回目の化粧水を浸透させながら、脇のマッサージ。また化粧水を塗って鎖骨周り。スキンケアの浸透タイムを利用しながら3回化粧水を塗布し、最後に乳液を塗って顔のマッサージを行っています。お試しあれ!
   

メイク前にむくみすっきり! リンパ流しマッサージのやり方

メイク前にリンパを流すマッサージをすることで血行が良くなり、化粧ノリの良さを実感できるはず。また、くすみがなくなって顔色もアップするので、透明感のある肌に仕上がります。
 

1.リンパの大元、脇の下をほぐす

脇からマッサージをスタート

脇からマッサージをスタート

脇の下には、腋窩(えきか)という、肩や首、腕のリンパが集まる大切なリンパ節があります。ここをほぐすと流れが良くなるので最初に行いましょう。イタ気持ちいいと感じる強さで3回もみほぐします。手は親指が上にくる逆手でもOKです。
 

2.鎖骨まわりに小さな円を描く

鎖骨周りも優しくほぐして

鎖骨まわりもやさしくほぐして

指をすべらせるというよりも、指先で小さな円を描きながら少しずつ移動していくイメージです。体の外側から内側へ移動しながら、やさしくほぐしていきましょう。
 

3.首筋を上→下の順でほぐす

上下に流す

上下に流す

次に首筋も同様に小さな円を描きながらほぐしますが、人差し指は力が入り過ぎるので、中指と薬指の2本を使います。まず下から上、上から下と流していきます。
 

4.えらまわりのゴリゴリをほぐす

ゴリゴリが少なくなるまで

ゴリゴリが少なくなるまで

人差し指と中指の第二関節でフェイスラインを挟み、ゴリゴリという感触がなくなるまですべらせます。摩擦で負担がかからないよう、ソフトに5回程度が目安です。
 

5.あご先から耳前、首筋まで仕上げで流して小顔効果

あごから首まで流れるように

あごから首まで流れるように

人差し指と中指の第二関節でフェイスラインを挟み、あご先から耳前まで流します。最後に耳下から首筋にリンパを流して首まわりは終了です。
 

メイク前にリラックス効果も! 簡単ツボ押しのやり方

3秒くらいかけてゆっくりとツボに力を加え、ゆっくり力を抜くのがポイント。ここからの工程は、メイクをしたままでもできるので日中オフィスでのリラックスにも◎です。
 

1 小鼻~頬骨~耳横をやさしくプッシュ

イタ気持ちいい位の力で

イタ気持ちいいくらいの力で

小鼻の横、頬骨のくぼんだ部分、耳横をプッシュ。やみくもにグリグリと力を込めるのではなく、イタ気持ちいいと感じるくらいの力加減で、じんわりと3秒程度押しましょう。その時、下から上へ押し上げることでリフトアップ効果も期待できます。
 

2.目まわりツボ押しでむくみ目もパッチリ

PCに疲れた時にも◎なツボ

PCに疲れた時にも◎なツボ

眉頭のコリコリとした骨がある部分が「攅竹(さんちく)」と呼ばれるツボ。目のまわりの血行を促します。
目元はデリケートなのでソフトに

目元はデリケートなのでソフトに

瞳孔部分の真下、目の下にある骨のふちの辺りです。目元のむくみを解消します。目の下はデリケートなので、中指でソフトに押しましょう。
 

3.こめかみを押してさらに目元すっきり

目の疲れをすっきり解消

目の疲れをすっきり解消

こめかみも、目の疲れに効くツボ。パソコン作業などで目が疲れた時にもおすすめです。
 

4.最後に首筋にリンパを流して終了

最後の仕上げ

最後の仕上げ

顔がぽかぽかと血行が良くなり、すっきりしたことを感じながら、4本の指先ですーっと首筋を上から下にやさしくすべらせます。
むくみがスッキリ解消

むくみがすっきり解消

メイクをする前なのに、この透明感! くすみやむくみが取れ、顔がすっきりしています。メイクのノリも良くなっているので、メイクがもっと楽しくなりそうですね!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。