小顔を阻む原因は多岐にわたります

小顔は日常の姿勢が大切!

小顔は日常の姿勢が大切!

年齢とともにハリがなくなるのは、ボディーラインだけではなくフェイスラインも同じこと。 カラダの一番上のポジションにある頭部は、実は5キロ以上あると言われています。この部分が悪いポジションだと、リンパや血流が滞り、例え、小顔効果のある美容液を使っても、なかなか効果を得る事ができません。

小顔になりたいのであれば、まずは、頭部を正しいポジションにキープできるよう、日常の姿勢から見直しを! 更に、ケア・ストレッチを併用し、美容液の効果が高まるようにカラダの内側から整えましょう。

姿勢で骨格を正しいポジションへキープすると、筋肉をシッカリと使う事ができ、血液・リンパの流れが促進され、まず内側が整います。更に、ストレッチ・ケア・外部からの美容液、とカラダの内側・外側トータルで考え「小顔」を目指しましょう!

■フェイスラインがたるむ要因例
  • 加齢にともなう皮膚の弾力低下
  • 筋力の低下
  • むくみ
  • 悪い姿勢

むくみや猫背が続くと……

むくみを放置するとセルライトとなり、フェイスラインがぼやけます。猫背などの悪い姿勢は、頭部のポジション、骨格バランスが好ましくない位置になり、その状態が長時間継続されると、フェイスラインに不要な老廃物・脂肪が蓄積し、これもフェイスラインがぼやける原因となります。

フェイスラインがぼやける原因として様々事が挙げられますが、中でも、「姿勢」は日々行われる日常動作ですので注意が必要です。悪い姿勢が習慣化すると、折角、ケアしても充分な効果を得る事ができません。フェイスラインをたるませる悪い姿勢習慣を正すところからスタートしましょう!

こちらの姿勢記事もご参考に>>>目指せ小顔!たるんだフェイスラインを姿勢で撃退

小顔を阻む姿勢習慣チェック

フェイスラインに悪影響を及ぼす姿勢項目を下記にピックアップしました。あなたの日常の姿勢を振り返ってみてください。いくつあてはまりますか?

■小顔を阻む姿勢習慣
  • 立った時に、左右の爪先の位置がずれている
  • パンツの裾の長さが左右異なる
  • スカートがいつも同じ方向へまわってしまう
  • デスクワークが多い
  • 猫背である
  • 頬杖をつくクセがある
  • かばんは、いつも同じ肩にかけtる
  • 立った時に、左右の膝をつける事が難しい
  • 立った時に頭が左右どちらかに傾いている
  • 脚を組む癖がある
足元・骨盤・背骨のゆがみはスッキリフェイスラインに悪影響を及ぼします。小顔になりたいなら、まずは、正しい姿勢習慣をキープしましょう!

次のページでご紹介します。