「たるみ」は筋肉の衰えが招いていた!

姿勢でフェイスラインが変わる?!

姿勢でフェイスラインが変わる?!

美しいボディーランをキープするためには、適度な「筋肉」が必要で、きちんとした筋肉が、骨格や皮膚を支えて引き締まったラインを作るのです。
それは、カラダだけではなく、「顔」にも言える事です。

私たち現代人の食生活は、柔らかいものを好む傾向にあり、その結果あごが細く以前よりも「小顔」になっていると言われています。

でも、それは、20代前半までのこと。年齢を重ねると、顔の筋肉も重力に負けて下がってきてぼやけたフェイスラインになりがち。

ある日鏡を見て、「私、顔が大きくなった?体重、増えてないんだけどなんで?」ということも。

どんなに、スキンケアをしても、「日常の姿勢」が悪ければフェイスラインはスッキリしません。悪い姿勢は、たるんだフェイスラインの原因! 姿勢がフェイスラインに与えるダメージは、思っている以上に大きいのです。


たるみ姿勢・振る舞いチェック

日常の姿勢がたるみを招く?!

日常の姿勢がたるみを招く?!

あなたの日常動作や姿勢が、フェイスラインのたるみを引き起こしているかもしれません。あなたは下記のチェック項目に、いくつあてはまりますか?

■たるみ姿勢・振る舞いチェック
  1. 猫背
  2. 食べ物を口に入れ、噛む回数は30回以下
  3. 手鏡を持ち、上を向いた時と下を向いた時のほほの位置が大きく異なる
  4. 法令線が左右で異なる
  5. 鼻が曲がっている
  6. 二重あご
  7. 肩こりが激しい
  8. 表情が乏しいとよく言われる
  9. 体重の変化がないのに、最近頬の内側を噛む事がある
  10. 柔らかい食べ物が好きである

上記の質問は番号によって、習慣・姿勢・現状を表します。結果は、下記の通りです。
(習慣の項目)2.10
(姿勢の項目)1.4.5.7
(現状の項目)3.6.8.9

「習慣の項目」が多く当てはまった人は、良く噛んで食べる習慣を身につけましょう。「姿勢の項目」が当てはまった人は、3ページ目のポイントを参考に!

「現状の項目」が当てはまった人は、すでに顔がたるんでいる状態なので、姿勢だけではなく、フェイスラインをスッキリさせるストレッチを行って下さい。

次のページでは「フェイスラインスッキリストレッチ」をご紹介します。