爪の形を使い分けられればセルフネイル上級者!

デザインやカラー選びももちろん大切ですが、セルフネイルに欠かせないのが爪の形を整えるファイリング。ただ同じ長さに整えればOKではもったいない! 実は爪の形でも印象が変わることをご存じですか?

大きく分けると基本となる爪の形は5種類あります。この基本を覚えておけば、自分の爪の形に合ったベストなタイプを選べますし、仕上げたいデザインによって爪の形を作り分けることもできます。ぜひ正しいファイリングをマスターしてくださいね。

四角いフォルムの“スクエア”

5つの形の中で基本となるスクエア

5つの形の中で基本となるスクエア

根元から先端まで同じ幅で、先端の両端が角になっている形。ある程度強度はありますが、角がとがっているので引っかかりやすいのが難点です。

真っ直ぐなラインが特徴

真っ直ぐなラインが特徴

エメリーボードを爪に対して90度に当てて同じ方向に削ります。サイドが真っ直ぐでない場合は、サイドも整えましょう。


角の丸みを落とした“スクエアオフ”

デザイン性も強度も◎

デザイン性も強度も◎

スクエアと同様に先端とサイドが真っ直ぐで、角のみ丸くした四角い形。スクエアオフと同じく強度があり、かつひっかりにくいのでデザイン性と実用性があります。

角を優しく削るのがポイント

角を優しく削るのがポイント

スクエアの状態から、エメリーボードをサイドに当てて先端とサイドをつなげるようなイメージで角がなくなるように仕上げます。


女性らしい丸みのある“ラウンド”

女性らしい形のラウンド

女性らしい形のラウンド

スクエアオフをさらに丸くしたもので、とても上品な印象を与えてくれる形。短くてもキレイに見えるので、伸ばしかけや爪の弱い人におすすめです。

爪の裏側から削るように丸みを出す

爪の裏側から削るように丸みを出す

爪の断面に対して、エメリーボードを直角に当てます。サイドは円のカーブをイメージしてどこにも角がないように仕上げます。


サロンでも1番人気の“オーバル”

トレンドのオーバル

トレンドのオーバル

ラウンドの角をさらに削り、側面も先端も丸みをつけた卵のような形。衝撃にはやや弱いですが、縦長効果もあり指がキレイに見え、トレンドの形なのでおすすめです。

卵型をイメージして

卵型をイメージして

削り過ぎるとポイントの形になってしまうので、サイドを少しずつ微調整しながら削ります。


シャープさが魅力の“ポイント”

シャープでおしゃれなポイント

シャープでおしゃれなポイント

オーバルの先を細く整えた形で、先端が細くスリムな形。オシャレな印象で美しい形ですが、割れやすく折れやすいのが難点です。

かなり尖らせてもok

かなり尖らせてもok


先端が細くなるように、サイドを削ります。サイドと先端をつなげるようにとがらせれば完成です。


ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、GINZA(03-6252-3300)、
HIROO by More Couture(03-3442-1155)NAGOYA(052-541-6661)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。