簡単!ネイルシール(ブリングネイル)をきれいに貼る方法

貼るだけで簡単!ネイルシールの使い方

貼るだけで簡単!ネイルシールの使い方をマスターしよう

いつもは仕事柄、大胆なネイルデザインが楽しめない……そんな方におすすめなのがネイルシール(ブリングネイル)です。爪の形をしたシールに柄やストーンなどがデザインされていて、それを爪に貼るだけで完成します。他にもネイルラップ、マニュキアシールなどの名称で販売されていますが、基本的な使い方は同じです。

シールだなんて思えないほどの完成度!

シールだなんて思えないほどの完成度!

ブリングネイルは水に弱く耐久性はありませんが、シールのバリエーションがとにかく豊富なのが良いところ。ペディキュア用のフットネイルのデザインも充実しています。爪にも負担がかかりませんし、ちょっとしたお出かけやパーティなど、週末限定でカラフルな指先を楽しんでみて下さいね。

ネイルシール(ブリングネイル)の貼り方・作り方

ネイルファイルで爪の形を整える

ネイルファイルで爪の形を整える

1.まずは地爪の形を整えます。シールに長さがあるので、どんな形でもOK。先端はラウンドやスクエアなど、好みの形に仕上げましょう。

次にシールが密着するように、除光液をコットンに取り爪表面の水分、油分を拭いて清潔にします。

自分の爪の幅に合うシールを選ぶ

自分の爪の幅に合うシールを選ぶ

2.爪の幅に合わせて、シールをチョイス。少し余裕がある位の大きさがベストです。どんな形にもフィットするように、サイズ感が豊富なのもネイルシールの魅力。

ピンセットでシールを取り、甘皮側から合わせる

ピンセットでシールを取り、甘皮側から合わせる

3.ネイルシールを取り、甘皮側に合わせて置きます。シールの向きは、丸い方が爪の根元側になります。指の脂がつかないように、ピンセットを使いましょう。

ピンセットで引っ張り、シールを密着させる

ピンセットで引っ張り、シールを密着させる

4.シワになりやすいので、ピンセットで引っ張りながら形を整えましょう。ここでシールの端が浮かないように、密着させるのがコツ。

はみ出た部分をハサミでカットする

はみ出た部分をハサミでカットする

5.爪の大きさからはみ出した部分は、ハサミでカットします。最後に余分を削るので、ここではざっくりでOKです。

先端の余った部分を削って整える

先端の余った部分を削って整える

6.最後に付属のやすり(お手持ちのエメリーボードでも)で、先端の余った部分を削りなめらかにします。強く削り過ぎると、シールが欠けてしまうので注意しましょう。

爪先とシールがなじんだら完成!

爪先とシールがなじんだら完成!

7.貼るだけで、あっという間に華やかな指先の完成です。水に弱いので、できるだけ濡らさないようにするのがキレイをキープする秘訣! デザインを楽しんだら、爪の横側から少しずつはがして取り外しましょう。

使用したアイテム

エメリーボードもセットなのですぐに始められます

エメリーボードもセットなのですぐに始められます

 


エリコネイル ブリングネイル(EBL-2) 
ネイル用9サイズ各2枚、計18枚入り、エメリーボード1本入り 700円(税抜)

ネイルシール(ブリングネイル)のバリエーション

気分やファッションに合わせて選んで☆

気分やファッションに合わせて選んで☆


(左)根元クリアの涼しげなレオパード
ブリングネイルには根元がクリアになっているタイプもあります。根元のシールのズレが目立たないので、ぶきっちょさんはこちらからトライするのがおすすめ。レースのふちどりがスイートなレオパードデザインは、週末のデートにピッタリです。

(中央)ラメ×スターのキラキラデザイン
こちらも根元がクリアのタイプですが、ラメが入っているのでよりゴージャス感がアップします。地爪にストーンを飾っても取れやすいことが多いけれど、ブリングネイルならその心配もありません。キラキラデザインが長続き!

(右)チェリー柄でキュートに決めて
ベージュ系のオフィス仕様から、POPでキュートなデザインまで幅広いラインナップが魅力のブリングネイル。ブラック地にチェリー柄を描いたシールはインパクト大! 平日には難しいデザインも、気軽に週末だけ楽しむことができます。

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)

ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、GINZA(03-6252-3300)、
HIROO by More Couture(03-3442-1155)NAGOYA(052-541-6661)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。