指先
ペイントアートは指先に注目が集まります!
ネイルアートの技術の中に、「ペイント」というものがあります。アクリル絵の具を使って筆で直接爪に描いていく方法です。

ネイルサロンでお願いすればとても美しく描いてもらえますが、あの技術を自宅でも!という方のために、ペイントの方法をご紹介します。一般的によく使われるペイントアートのモチーフ、お花を今回は描いてみましょう。

ポイントは丁寧に細かく!
ペイントアートの描き方

アクリル絵の具
色も様々。お好みの色を揃えて。
ペイントに使う道具はアクリル絵の具です。

アクリル絵の具とは文字通りアクリル製の絵の具です。描く時には普通の彗水彩絵の具のように水でやわらかくして使います。乾くと固まり、水彩絵の具のように水にぬらして消えてしまうということもありません。ペイントに使うのはこのアクリル絵の具が一般的です。

アクリル絵の具は筆と共に文房具屋さんなどで販売されています。筆は先の細いものがペイント向きです。


2度塗り
まずはじめにベースのポリッシュを2度塗り。この後アートをするので完全に乾かしましょう。

ペイント1
続いてペイントです。アクリル絵の具を水で溶かして、描きやすい位のやわらかさにします。水彩絵の具と同じようなやわからさで大丈夫です。絵の具を筆に取り、まずは1枚目の花びらを。ポイントは筆を立てて使うことです。立てて使うことで細かいアートも描くことができます。

ペイント2
1枚目の花びらを描いたら、他の花びらも描いていきます。今回は6枚の花びらを描きました。花びら同士が重なってしまわないように1つずつ丁寧に。全ての花びらをバランスよく描いていくことがポイントです。

ペイント3
花びらを全て書き終えたら、花の中心にドット模様をつけます。周りにラメなどを飾って仕上げましょう。


このお花のペイントが上手に描けるようになると、他のモチーフも楽に描けるようになります。本格的に練習したい方は爪ではなく紙などで何度も描く練習をしてみてください!


【関連記事】
着物に合わせるネイルデザイン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。