まずはラメを均一に塗る練習からスタート!

まずはラメネイルから

まずはラメネイルから

まだフレンチやバイカラーなどの本格的なアートには手が出しにくい…。そんなセルフネイルを始めたばかりの方でも、簡単にきらきら輝く指先を演出してくれるのがラメネイルです。

繊細なラメグラデーションは少し加減が難しいので、思い切って全部ラメを乗せてしまうラメの単色塗りからスタートしてみましょう。全ての指ではなく、ポイントでラメを入れるとオシャレに決まります。簡単なのにゴージャスな仕上がりなので、パーティにも!


ラメの基本の塗り方

ラメを適量すくう

ラメを適量すくう

1.ラメ入りのマニキュアでももちろん問題ありませんが、ラメパウダーを使用すると均一にラメが行き渡りやすくなります。トップコートなど透明のマニキュアを1本用意して、ラメ専用に使うようにしましょう。

 
全体にラメを行き渡らせる

全体にラメを行き渡らせる

2.通常のネイルカラーと同じように、素早くブラシを動かしながら塗っていきます。ラメ感を強調したいときは2度塗り。最後にトップコートを塗って完成です。

 
均一にきらきら輝くネイルに

均一にきらきら輝くネイルに

3.今回はベースコートの上に直接塗っていますが、ネイルカラーを塗った上からでもOKです。ネイルカラーとラメの組み合わせで色々なデザインを楽しめます。

 
基本のラメネイルの次は、人気の「ラメグラデーションネイル」の塗り方、きれいに仕上げる方法をマスターしましょう。

濃淡で魅せるラメグラデーション

ラメグラデも初心者向き

ラメグラデも初心者向き

オフィスでも、さりげない輝きをまとわせたいならラメグラデーションがおすすめです。ベースのネイルカラーとラメを同系色にまとめれば、ふんわりと花びらの重なりのような仕上がりに。優しいきらめきを堪能できるアートです。

 

ラメグラデーションのやり方

先端3分の1にラメを重ねる

先端3分の1にラメを重ねる

1.ベースコートを塗った後、ベースのネイルカラーを塗ります。薄めの色やクリアのネイルカラーを選ぶとグラデーションが映えます。先端3分の1部分にラメネイルを薄く4~5回重ねます。

 
これくらいのラメ感が目安

これくらいのラメ感が目安

2.先端にラメの感じがしっかり分かるくらいまで重ね塗りしましょう。

 
さらに先端部分に重ねる

さらに先端部分に重ねる

3.1と同じラメネイルを、さらに先端に何度か重ねてラメ感を強調します。

 
トップコートを塗る

トップコートを塗る

4.最後に爪全体にトップコートを塗ります。

 
境目の目立たないラメグラデに

境目の目立たないラメグラデに

5.先端にいくほどラメの輝きが強くなるラメグラデーションネイルの完成です。重ね塗りするときに、ブラシをのせる位置を少しずつずらすと境目が悪目立ちしなくなります。

 

ラメバリエーション

きらきらのラメでパーティの主役に!

きらきらのラメでパーティの主役に!


(左)ゴールドラメ×レオパード
繊細なゴールドラメを一面にぎっしりと敷き詰めた、ゴージャスなデザインです。ムラが出ないように、何回か重ね塗りをして調整するのがポイント。レオパード柄をベージュとブラウンで描き、より華やかさをプラスしています。

(中央)ゴールド&シルバーラメMIX
ゴールドやシルバーなど、単色使いが多いラメデザインですが、これはゴールドとシルバーのラメをミックスし、指先の加減で色々な表情を見せてくれます。さらに上には大小のホログラムをランダムに飾りミラーボールのような輝きに。

(右)赤ラメフレンチ
インパクトのある赤をメインに使った、大人フレンチ。クリアのベースにも、ほんのりシルバーのラメを効かせています。ラメで先端を飾っているから、シンプルなのにゴージャス。大粒のラメを使うと、また違った表情を楽しめます。

ネイル施術協力

ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ
新宿校(03-3352-0233)、表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)


ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、SHINJUKU(03-3352-0129)
GINZA(03-6252-3300)、HIROO by erikonail(03-3442-1155)
taAko-izu by erikonail(03-5785-2228)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。