opiimage
キレイにポリッシュを塗ると、指先がすっきりと長く見えますよ!
ネイルサロンでポリッシュを塗ってもらうと、本当に美しい仕上がりになりますよね。あのテクニックを自分でもマスターできれば、ネイルのオシャレも一気に拡がることでしょう。美しい仕上がりにするには、ちょっとしたコツが必要です。これからご紹介するステップをマスターすれば、今までとはちょっと違う仕上がりになると思います。基本的なテクニックですので、是非実践してみてください!



polish
今回はessieのシリーズを使用します。
まず、塗る時に必要なものをご紹介しましょう。

ポリッシュ…塗りやすいポリッシュは、刷毛の毛先が整っていて、塗る時にキューティクルのラインに刷毛の先端がうまく添うようになっていて、とても使いやすいです。また、ポリッシュが分離しているものは残念ながらもう寿命なので、新しいポリッシュを使うようにしてください。

ベースコート…ポリッシュを塗る前に使います。爪の表面を滑らかにし、ポリッシュの接着度を高める役割をしています。また、ベースコートを塗ることで、爪をダメージや色素沈着から守ることにもなります。

トップコート…ポリッシュを塗った後に使います。ポリッシュの輝きを強め、ポリッシュが剥げたり欠けたりするのを防止してくれます。トップコートには、透明なものの他にもラメが入ったものなどがあります。


まず基本的な、ポリッシュの取り方をご説明します。

opiimage
2.このように、片側だけにポリッシュが残った状態で爪に塗りましょう。
opiimage
1.ボトルの口を使って、刷毛の片側のポリッシュをしごきます。
ポリッシュを塗る時には、爪にのせない側のをボトルの口でしごきます。残ったしごいていない方のポリッシュを爪に塗るようにします。量は爪の大きさにもよるので、自分の爪の大きさに合うようにしごく量を調節してくださいね。




それでは、早速塗ってみましょう!

1.まずはじめにベースコートを塗ります。

爪のエッジ(先端部分)を最初に塗り、続いて爪の表面を塗ります。


2.次にポリッシュを塗ります。

ベースコートと同じように、まずはエッジの部分を塗ります。


3.次に爪の表面を塗ります。

キューティクルラインより少し手前のところに刷毛を置いて、そのままキューティクルラインに沿わせるように刷毛を動かしていきましょう。


4.キューティクルラインに沿わせたら、そのまま爪先に向かって一気に塗ります。あまり力を入れず、刷毛を滑らせるようにして塗っていきましょう。


5.続いてサイドを塗っていきます。

刷毛の角をキューティクルラインに沿わせるようにして、塗り残しがないように塗っていきましょう。これで1度塗り目が終了です。


6.2度塗り目です。

2度目は1度目よりも少しポリッシュを多めにして塗っていきましょう。1度塗り目が完全に乾く前に2度目を塗ると、ポリッシュが馴染みスジがつきにくくなります。


7.全体をチェックして、サイドの部分やキューティクルにはみ出してしまったポリッシュを修正しましょう。オレンジウッドスティックにリムーバーをつけたものを使うと、細かい所もキレイに取ることができます。


8.最後に、トップコートを塗り、完全に乾かしたらできあがりです。



【関連記事】
ネイルの歴史は古代エジプトから!
ネイル・カラーリングQ&A(2)
ネイル・カラーリングQ&A(1)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。