しばらく「お通じ」がなくて、ぽっこりお腹に……!

ストレッチ

つらい便秘には、ストレッチを取り入れて

皆さんは、健康状態を知らせる体からの「お便り」、毎日届いていますか? 「食べているのに出ない」便秘に悩む方は、食生活の改善、生活習慣の見直しとともに、腸の動きを整える習慣を取り入れてみましょう。

できるだけ自然のリズムを体に刻んでいくために、ヨガの要素を取り入れたポーズによるストレッチで、大腸の「ぜん動運動」を促していきましょう。


【INDEX】

「ネコのポーズ」で腸の動きを促す!
「ネコのポーズ」のポイントを動画で確認
「合蹠(がっせき)腸マッサージ」で腸のめぐりを整える
「合蹠(がっせき)腸マッサージ」のポイントを動画で確認


「ネコのポーズ」で腸の動きを促す!

朝は、本来もっとも便意が起きやすい時間帯です。起床後、お腹の周りを気持ちよくストレッチする「ネコのポーズ」で、腸にほどよい刺激をあたえ、腸の「ぜん動運動」を促していきましょう。腸を動かすイメージで実践してみて下さい。


1.四つ這いの姿勢からスタート
1

STEP1


膝の幅を腰の幅に開き、腰の真下に膝をつき、肩の真下に手をついて、四つ這いになります。


2.息を吸いながら、顔を上げて、腰を反らす
S

STEP2

息を吸いながら、胸とあごを天井方向に向けていきます。同時に、尾てい骨を天井に押し上げるイメージでゆっくりと腰を反らせていきましょう。


3.息を吐きながら、頭を下げて背中を丸める
S

STEP3

息を吐きながら、おへそをのぞき込むようにして頭を下げ、ゆっくりと背中を丸めていきます。


「ネコのポーズ」のポイントを動画で確認


【ポイント】
・じっくりとリラックスしながら10回繰り返します。
・腰痛の方は、腰を反らせ過ぎないよう十分注意して下さい。
・肩が前後しないように気を付けましょう。



めぐりをよくする「合蹠(がっせき)腸マッサージ」

「合蹠(がっせき)腸マッサージ」にはリラックス効果があります。副交感神経が優位になることで、体がホッとゆるみ、体のリズムが整っていきます。また、お腹をさすることで、腸のめぐりを整えます。


【「合蹠(がっせき)腸マッサージ」のやり方】

1.あお向けで足の裏と裏を合わせ、1分間深呼吸
S

STEP1

仰向けの状態で、足の裏と裏を合わせた合蹠(がっせき)の状態のまま、両腕も開いて床の上に。そのまま深い呼吸を1分ほど繰り返します。


2.おへそまわりを、右回りでゆっくりさする
S

STEP2

合蹠(がっせき)のまま、両手をおへそに添え、右回りの円をゆっくりと描いてマッサージ。お腹のめぐりを良くするイメージでやさしくさすってください。


3.さする円を小さくしていく
S

STEP3

さすりながら、徐々に円を小さくしていき、最後はおへその上に、両手を添えます。深い呼吸をしながらリラックス。



「合蹠(がっせき)腸マッサージ」のポイントを動画で確認


【「合蹠(がっせき)腸マッサージ」のポイント】
・1分くらいかけてじっくりと行います。
・お腹を温めてほぐすようなイメージで行いましょう。


排便のリズムを作れるよう、朝晩の新習慣に!

便秘の状態が続くと、腸内に毒素が溜まり、腸壁から毒素が血液に流れることで、血行不良につながる場合もあります。つまり、便秘は腸だけでなく、全身に影響を及ぼすこともあるというわけです。

でも、毎日のちょっとした習慣で、体に排便の「リズム」が定着していきます。

決まった時間にストレッチを行うことで、体に「排便の時間」が刻まれていくよう、今回紹介したストレッチを朝晩と続けていきましょう!


写真・動画撮影/泉 三郎 取材・執筆/北川和子


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。