「衣替え」は、10月1日を目安に夏服から冬服へ、6月1日を目安に冬服から夏服へと替える風習です。でも、考えてみると、どうして一斉に服を替えるようになったのか不思議ではありませんか? そこで、なぜ衣替えをするのかを文化的に解説します。

「衣替え」には、日本ならではの感性や生活文化が息づいています

「衣替え」には、日本ならではの感性や生活文化が息づいています


衣替えの由来

衣替えは平安時代に中国から伝わった習わしで、宮中行事として、年に2回衣を替えるようになりました。当初は「更衣(こうい)」といいましたが、女官の役職名に用いられるようになったため、「衣更え(衣替え)」と呼ばれるようになりました。
・旧暦の4月1日~9月末:夏服
・旧暦の10月1日~3月末:冬服


江戸時代になると着物の種類が増えたため、気候に合わせて年に4回衣替えをするよう、武家社会で定められました。これが庶民にも広がっていきました。
・旧暦の4月1日~5月4日:裏地のついた袷
・旧暦の5月5日~8月末:裏地のない単衣(麻の帷子)
・旧暦の9月1日~9月8日:裏地のついた袷
・旧暦の9月9日~3月末:綿入り


明治時代に洋服が取り入れられると、役人や軍人などが制服を着るようになり、暦も新暦に変わったため、夏服と冬服を年に2回替えるようになりました。すると、学校や家庭にも衣替えの意識が浸透し、現在に至っています。
・6月1日~9月末:夏服
・10月1日~5月末:冬服
※この日を目安に、地域によって日程は調整されています。

今でも着物は、6月から単衣、7月から薄物、9月から単衣、10月から5月末までが袷というふうに、年に4回衣替えが4回あります

今でも着物は、6月から単衣、7月から薄物、9月から単衣、10月から5月末までが袷というふうに、年に4回衣替えをします


衣替えの文化的意義~なぜ一斉に衣替えをするの? 

制服の場合は、ある一定の組織や集団に所属する者が着用するように定められている服装なので、一斉に衣替えをするのも道理です。とはいえ、地域によって気候風土が違うので、衣替えの日程を調整したり、春・秋用の合服を採用したりしながら、衣替えを実施しています。

家庭の場合は、衣替えの日を目安に季節に合わせた衣服を着用する(着用できるように準備をする)ようになりました。その背景には、日本ならではの感性があります。日本人は、古来より、服装というのは自分のためだけのものではないと考え、着ている服が周りの人に与える影響も考慮しながら暮らしてきました。とくに、大事にしてきたのが季節感で、季節を先取りするのは良いけれど、過ぎた季節をひきずるのは野暮なこととされてきました。

たとえば、10月1日に全てを冬物にする方はほとんどいないと思いますが、10月に入ったら、秋らしい装いを心掛けるようになりませんか。Tシャツでも、いかにも涼しげな夏の絵柄ではなく、秋らしい色柄にしたほうが馴染むでしょう。「秋らしい」、「春っぽい」と言うのは褒め言葉ですが、その季節に合わないと、「暑苦しい」、「寒々しい」などと言うように、何気ない一言からも、私たちが日ごろから季節感を意識していることに気付きます。ですから、季節に応じた装いができるよう、家庭でも10月1日を目安に夏物と冬物を入れ替えるようになったのです。


衣替えは単なる家事ではない

このように、衣替えには日本の感性が息づいており、衣替えを通じて衣服の季節感を養ったり、衣服の手入れ・管理・整理整頓のしかたを身につけたりしてきました。暮らしの行事は季節の巡りとともに繰り返されるので、子ども達にとっては、大変意義のある「行事育」でもあるのです。
「行事育」について

今は合理的な収納のおかげで、服の入れ替えをしない家庭もあります。また、エアコンが整っているので、1年中同じような格好の方もいます。しかし、衣替えには日本人が育んできた季節感や文化があるということを、忘れないでいて欲しいと思います。

衣替えをするたびに、子どもの成長を実感できるはず。お気に入りの服の裾を出したり、成長を喜んだり。そんな親の姿を子どもは覚えていて、その思い出が一生の宝になっていきます

衣替えをするたびに、子どもの成長を実感できるはず。お気に入りの服の裾を出したり、成長を喜んだり。そんな親の姿を子どもは覚えていて、その思い出が一生の宝になっていきます


<関連記事>
帽子洗濯の裏技~楽しくシャキッと干しましょう!
浴衣の手入れ~洗濯法としまい方
【保存版】暮らしを彩る12か月の行事・風物詩リスト
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。