バカンス命!夏が大好きなフランス人

フランス人はバカンス重視の人がほとんど

フランス人はバカンス重視の人がほとんど

フランスの夏といえばバカンス。フランス人はバカンスのために働いていると言っても過言ではないほど、バカンスは彼らにとって非常に大切な行事です。
人々がバカンスに出発する7月半ば頃から街は静かになり、8月にはレストランや商店が閉まり、交通機関はガラガラ、街を歩いているのはツーリストばかり。この時期は経済活動が大幅に滞りますが、それでも経営者も従業員も政治家も皆んなバカンスをとるのがフランスという国です。

フランスで法律に定められている最低限の有給休暇の日数は、週5日労働している人で5週間。休暇を取りづらい雰囲気はなく、当然の権利として2週間以上のまとまった休暇を取ることができるため、人々はこぞってバカンスへ出かけます。

 

太陽と海を求めるフランス人

image

地中海沿岸に滞在してゆっくり過ごすことが、フランス人が理想とするバカンスです。

日本人にとってはバカンスというと観光旅行といういうイメージが強いですが、海や山、或いは別荘などに数週間滞在して、日常生活から離れてゆっくりと過ごすのがフランス流バカンス。行き先として、断トツで人気があるのが海。南仏やギリシャなどの地中海沿岸や、スペインやフランス西部の大西洋沿岸などが人気のスポットです。中には、豪華客船で地中海の島々をクルージングする優雅なバカンスを過ごす人も。

バカンスでの楽しみは日光浴

image

フランス人は太陽が大好き!女性は皆んなビキニで日光浴を楽しみます。

長いバカンスの間の最大の楽しみは日光浴。老若男女を問わず、海辺で太陽の光を浴びて過ごし、身体が火照ったら海へ飛び込み、また寝そべってを繰り返して、一日を過ごします。こうしてバカンスが終わる頃には、見事な小麦色に焼けたブロンズ肌に。トップレスになっている女性が珍しくないのも、水着の跡を残さず美しく肌を焼くためです。

フランス人が日焼け好きな3つの理由

日焼け肌にはステータスの意味も

日焼け肌にはステータスの意味も

■金持ちのステータス

小麦色に日焼けした肌は、「バカンスに行く余裕がある」という経済的な豊かさを意味します。実際に裕福層は南仏やイタリアなど海辺に別荘を持っている人が多く、高級住宅街ではよく焼けた肌を高価な服に包んだマダムやムッシューを見かけます。
ただし格安航空会社の登場や有給休暇制度が確立して、誰もがバカンスへ行けるようになった今日では、ステータスの意味は薄まりつつあります。

■美しくセクシーなモテ肌

フランス人は、日焼けしていない白い肌を不健康に、日焼けしたブロンズ肌を身体的にも精神的にも健康的で美しいと感じます。ブロンズ肌はセクシーさの象徴で、男女共に白い肌よりブロンズ肌のほうが人気があります。

■ビタミンD不足を補う
日照時間の少ないフランスでは、紫外線に当たることにより体内で作られるビタミンDの欠乏が問題視されています。ビタミンDが不足すると、骨がもろくなった り、精神的に落ち込んだりするなどの不調をもたらすため、サプリメントで補ったり、日光浴をすることがが推奨されています。
 
次のページでは、フランス人の日焼けした肌への美意識についてご説明します。