フランス女性は手の届かないあこがれ?

おしゃれで恋愛上手、お手本にしたくなる外見を持つ大人の女性が多いフランスの女性たち。
顔立ちが違うと言われてしまえばそれまでですが、フランス人はブロンドに青い目の人ばかりではありません。黒っぽい髪、黒っぽい瞳の人もたくさんいますし、背丈だってわたしたち日本人と変わらないような人もたくさんいます。

それなら、髪形やメイクのコツをちょっぴり真似するこもできるのかしら、と観察してみると、大してお化粧しているわけでもありません。毎日完璧にお化粧をしている人よりも、ナチュラル・メイクの女性が多いのです。

どうやらお化粧ではなく、元気に健康的に見える肌のためにスキンケアに力を入れている人が多いようです。


気候とスキンケア

日本ではあまりの湿度の高さにうっとうしさを感じることもありますが、それから比べると、フランスの空気は考えられないほど乾燥しています。この乾燥に多くの女性が悩まされています。そんな訳で、フランス女性の肌に関する一番の関心ごとは「保湿」です。
ハリのある、みずみずしい、つややかで健康的な肌のために、お化粧をするよりもスキンケアに重点を置いています。スキンケア用品は質の良いものを選び、特に保湿クリームは多少値は張っても良いものを使いたいという人が多いようです。


フランス女性は顔を洗わない?!

イメージ画像

水で顔を洗わない女性もいる

フランスでは空気が乾燥している上に水が硬水なので、 洗顔すると肌がガビガビになってしまうことがあります。「シャワーを浴びても、顔にはお湯をかけない」と断言する女性もいるほどです。

お手入れ方法は、クレンジングやコールドクリームでマッサージをしながらクレンジング。その後化粧水でふきとり、クリームや美容液をつけるというのが一般的です。
顔を洗う人も洗顔料は使わず済ますことが多いようです。

わたしたち日本人は化粧水を保湿をするステップのために使うと考えていますが、フランスではメイクや汚れをふき取る洗顔代わりのものと考えられています。


日焼けのこと

少々余談ですが、リスクは知られていても、フランスではきれいに日焼けした肌は「バカンス」の象徴。そばかすにも好意的です。なので「美白」ということにこだわっている人はあまりいないようです。時々、心配になるほど日焼けしている人もいるくらいです。あえて日焼けサロンに通っている人もいますし、気候がよくなるとセーヌ川の岸辺で水着姿になって日焼けにいそしんでいる光景を目にします。

次のページでは、フランス女性のメイクと化粧品用語を紹介します。