「ほめて伸ばす」は大間違い? ほめすぎることのデメリット

親子

普段、頑張っている子どもたちに、どのような言葉をかけていますか?

人は欠点をけなされるより、よいところをほめられた方が、自分に自信を持つことでき、活動への意欲も湧いてくるものです。だからといって、親や上司は、ただやみくもにほめていればいいのでしょうか?

近年、子どもや部下を「ほめて伸ばす」ことが賞賛されています。一方、「ほめればほめるほど、ダメにしているような気がする」「ほめることって本当にいいこと?」といった不安の言葉もあちこちで聞かれます。

たとえば、次のようなほめ方は、メリットどころかデメリットの方が多いものと考えられます。

  1. ささいなことを「えらい」「すごい」とほめている
  2. ほめることで、何かをやらせようとしている
  3. 表面的なことだけを見て、ほめている

それぞれのほめ方のリスクについて、以下でご説明します。

「3つの間違ったほめ方」に心当たりはありませんか?

1. ささいなことを「えらい」「すごい」とほめている
宿題をやっただけで「できたの? えらいわね」、言われた仕事を終えただけで「もうできたのか。すごいぞ!」……。こんな風に、ささいなことにも、いちいち「えらい」「すごい」を連発していないでしょうか?

ささいなことを頻繁にほめていると、子どもや部下は「ほめられる状態」がデフォルトになり、「ほめ言葉」という報酬をもらえない状況に不満や不安を感じてしまいます。すると、ほめられ慣れてきた子は、あまりほめてもらえない集団の場に適応しにくくなる可能性があります。また、ほめそやされて育った部下は、厳しい部署に異動したときに、叱責や批判を深刻に受け止めてしまうかもしれません。

2. ほめることで、何かをやらせようとしている
「できるわよ」「やれるわよ」とほめることで、よい成績をとらせようとする。「君ならできるさ」「頭がいいんだから」とその気にさせて、やっかいな仕事に挑戦させようとする……。こんな風に、ほめることを「道具」に使って、子どもや部下の意欲を操作していないでしょうか?

最初はほめ言葉に励まされて、親や上司の期待通りに頑張ってくれるかもしれません。しかし、たびたび繰り返していると、いずれは「おだて」の手口に気づき、失望してしまいます。また、なかには失敗したときに親や上司から期待を失うことを心配して、失敗を過剰に恐れてしまう人もいます。すると、実際に失敗してしまったときに、親や上司のくもった顔を見て、過剰にショックを感じてしまうのです。

3. 表面的なことだけを見て、ほめている
たとえば、顔やスタイルばかりに注目して「かわいい」を繰り返す。成績や点数だけに注目して「すごい」「デキるね」を繰り返す。学歴や職歴、家柄や持ち物ばかりを持ち上げて賞賛する……。こんな風に、子どもや部下の“表面”だけに注目して、ほめていないでしょうか?

当初は表面的なことでも、ほめられればうれしく思うでしょう。しかし、頻繁に繰り返されれば、「自分の価値は表面だけ?」と感じられてくるものです。こうした意識が生まれると、「かわいい」と言われ続けた子は外見ばかりにこだわり、成績だけを評価されてきた人は成果ばかりにこだわる。経歴や持ち物を称えられてきた人はそれにますます固執する……。このように、表面的な価値を死守しようと躍起になってしまいます。

同時に、こころのなかでは自分の「内面」に注目してもらえない寂しさが生じていきます。こうして、賞賛を得るために表面的な価値を維持しながら、いつも満たされない思いを抱えてしまうのです。

では、子どもや部下には、どのような言葉をかけていくといいのでしょうか? 正しい声かけのポイントについて、次ページで解説します。