梅干しを温めて加熱するだけでダイエット効果が!

梅干し3粒で痩せるって本当? その理由とは?

梅干し3粒で痩せるって本当? その理由とは?

私たち日本人に馴染み深い梅干し。そんな梅干しを温めるだけで、ダイエット効果がグンとアップする「焼き梅干しダイエット」または、「ホット梅干しダイエット」が話題です。

そこで今回は、「梅干しを温めるだけでどうしてダイエット効果がアップするのか?」「その方法は?」「上手な食べ方とは?」等について、詳しく解説していきたいと思います。

【INDEX】
「ホット梅干しダイエット」とは
「ホット梅干し」の効能 その1 バニリンで脂肪細胞を刺激
「ホット梅干し」の効能 その2 ムメフラールでむくみ解消
「ホット梅干し」の作り方・食べ方・注意点
梅干しのダイエット&美容効果


「ホット梅干しダイエット」とは

「ホット梅干しダイエット」とは、レンジやコンロなどで温めた梅干しを1日3粒食べるという方法です。

梅干しは、そもそも1粒で約3~6kcalと低カロリーなうえ、健康&美容に役立つ成分がたくさんのジャパニーズ・スーパーフード!

梅干しを温めることで、どのような効果が期待できるのかを、次から詳しく紐解いていきましょう。


「ホット梅干し」の効能 その1 バニリンで脂肪細胞を刺激

バニリン効果で脂肪燃焼促進

バニリン効果で脂肪燃焼促進

梅干しの中にはバニリンという成分が含まれており、そのバニリンという成分に脂肪燃焼効果があることが、近年の研究によって分かりました。

摂取されたバニリンは、小腸で吸収され脂肪細胞を刺激。その刺激によって脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエットにつながると言われています。

また、梅干しの中には脂肪燃焼効果のあるバニリンの他に、バニリンとよく似たバニリングコシドという成分が含まれています。このバニリングコシドという成分には脂肪燃焼効果がないのですが、加熱することで分裂してバニリンに変化することが分かってきました。

結果、梅干しを温めることでバニリングルコシドがバニリンに変化し、バニリンの量が20%もアップ! より脂肪燃焼を促進することで、ダイエットに役立つというわけです。

ちなみに、バニラアイスクリームの中に含まれるバニラビーンズにもバニリンが含まれています。この際、気を付けることは、乳脂肪が12%以上の「アイスクリーム」を選ぶこと。「アイスミルク」や「ラクトアイス」ではなく、「アイスクリーム」にはバニリンや乳糖が含まれ、これが皮下脂肪と内臓脂肪を抑える働きがあると言われています。ただし、乳脂肪分が高いものはまずカロリーが高く糖分も多く、ごはん代わりに食べるのは避け、日常的なおやつとしてアイスクリームことを勧めることではありませんし、食べ過ぎはもちろんNGです。


「ホット梅干し」の効能 その2 ムメフラールでむくみ解消

梅干しを温めることで生まれる成分、ムメフラール。

梅干しを温めることで生まれる成分、ムメフラールでめぐりのよい体に!


梅に含まれるムメフラールという成分にもダイエットや健康効果が期待できると言われており、このムメフラールという成分も、梅干しを温めることで生まれる成分であることが研究によって分かっています。

ムメフラールはクエン酸と糖の一部からつくられているもので、血流を改善する効果が期待されています。血流がよくなることでダイエットの大敵であるむくみや冷えも軽減。さらに、血流がスムーズになることで体全体も温まり、代謝もアップ。これがダイエットに役立ちます。


「ホット梅干し」の作り方・食べ方・注意点

梅干しを温めるだけでダイエット効果がアップ!?

梅干しを温めるだけでダイエット効果がアップ!?


「ホット梅干し」を作る場合は、電子レンジやコンロ、網やフライパンを使って温めます。上記で解説したバニリンという成分は、冷めても減ることがないため、まとめて加熱して冷蔵庫に保存するのも◎です。

(例:梅干し10個の場合、500Wの電子レンジで1分加熱し、その後、冷蔵庫に保存)。

梅干しは熱を加えてもほとんど味に変化がないので、そのまま食べたり、炒めものやソースに混ぜるなど料理に使ってもOKです。

また、白湯に入れて飲むのもオススメで、ほんのりとした梅の酸味に、心も体も癒されます。

ダイエットや健康に役立つ梅干しですが、塩分濃度は高いので食べ過ぎには注意! 食べ過ぎると胃酸過多になったり、むくみの原因にもなるので、1日3粒までとしましょう。

塩分について補足すると、1日3粒食べると、梅干しの大きさにもよりますが、それだけで5g近い塩分を摂ることになります。現在、食事摂取基準で定められているナトリウム(食塩相当量)については、高血圧予防の観点から、18歳以上男性: 8.0g/日未満、18歳以上女性: 7.0g/日未満、となっているので、ほかの食事で調整するなどして塩分摂りすぎに注意しましょう。

そのほかの活用法について、まとめ記事『「初耳学」で話題!梅干しを温めて痩せるダイエットのやり方とレシピ』も合わせて参照ください。


梅干しのダイエット&美容効果

梅干しは腸活にも役立つ!

梅干しは腸活にも役立つ!

梅干しはジャパニーズスーパーフードと言われるほど、バニリンやムメフラール以外にも、ダイエット・美容・健康に役立つ成分がたくさん含まれています。

以下では、そんな優れた成分と効能を紹介します。

■クエン酸で血液サラサラ

梅干し特有のすっぱさはクエン酸という成分で、これが太りにくい体質へと導きます。クエン酸には血管の拡張、血行の流れを改善する効果があり、また疲労物質である筋肉中の乳酸を分解して筋肉のこりをほぐす働きがあります。

ほかにも血糖値の上昇を穏やかにしてくれる効果があり、インスリンの過剰分泌も防げるので必要以上に体脂肪が溜め込まれることがなくなるというダイエット中の方には嬉しい効能があります。

日頃のストレッチなどに加え、梅干しのクエン酸で筋肉を柔らかくすることは可動域を広くすることとなり、これが消費カロリーアップにつながります。

■便秘解消

クエン酸で腸に刺激を与えることで、腸内に溜まった老廃物をスムーズに排出、これが便秘解消に役立ちます。

腸内に長時間老廃物が滞ると、ムダにカロリーを吸収したり、腸の機能が低下=体全体の代謝機能ダウンの原因にもなるので、梅干しで腸の働きを活発化させることもダイエットにつながります。

■血糖値の上昇を抑える

梅干しに含まれるオレアノール酸には、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあるとされています。

血糖値が急に上がると糖分を分解するインスリンの分泌が間に合わず、脂肪を溜め込みやすくするため、血糖値の上昇を抑える成分が含まれる梅干しを取り入れることがダイエットにも役立ちます。

■酸化を防いでアンチエイジング

梅干しに含まれるフラボノイドとクエン酸には抗酸化作用があります。ミネラルは代謝をスムーズにする働きがありますが、ミネラルが酸化すると代謝が低下し太りやすくなる原因にもなります。また、酸化はシミやシワなどの原因にもなるため、酸化を防ぐ梅干しは美容効果も期待できます。


簡単に作れて手軽に取り入れることができる「ホット梅干し」で、梅干しの持つ効果をさらに高め、ダイエット&美容に役立ててみましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。