写真映えするメイク方法とは?普段メイクとの違い!

NG:のっぺり不健康undefinedOK:ヘルシーでキュート

NG:のっぺり不健康 OK:ヘルシーでキュート

友達のSNSにアップされた自分の写真を見て、写りの悪さにビックリ……なんていうことありませんか? 「フラッシュで顔が真っ白に浮いてる!」「ナチュラルメイクのつもりが、具合が悪そう」そんな失敗をしている人は、今すぐメイク方法を見直しましょう。今回は「ナチュラルなのに、小顔かつかわいい」メイクのコツを伝授します

NGメイクとOKメイクを比べてみて下さい。NGメイクは、なんだか不健康でおブスな雰囲気。それに比べOKメイクは、ヘルシーでキュートな魅力が伝わってきます。

では実際にどこがNGなのか、パーツ毎に見ていきましょう。  

これはやっちゃダメ! 写真おブスNGメイク

写真おブスNGメイク

写真おブスNGメイク

【肌】パウダーのマットな質感でのっぺり
顔全面に均一に塗ったパウダーファンデーションがフラッシュで白く光って、のっぺり大顔に見える原因に。また色白に見せたいからと、肌より白いファンデーションを選ぶと首との境目が目立って悲惨。

【眉】細眉で大顔が倍増
細く、眉山のない平坦な眉毛は、顔にメリハリが出ないので大顔に見えてしまう原因に。薄くふんわり描いた眉は、フラッシュの光で消えてしまいます。

【アイメイク】アイライン不足で目が小さく
今春トレンドの、色味をほんのり感じるパールを使ったアイメイクは、写真になると全部色が飛んでしまいます。アイラインも自分の目の大きさと同じ長さで入れると、目がキュッと小さく見える原因に。

【チーク】入れているのか分からないほど薄付き
チークは血色を良く見せるために欠かせないポイント。肌なじみの良いオレンジは誰にでも似合う万能カラーですが、薄いと色が飛んでしまって不健康な印象に。

【リップ】グロスは色が飛んで血色悪く
グロスだけでナチュラルに仕上げた唇は、色が出ない分チークと同様不健康な唇に。アイメイクには力を入れるけれど、唇はヌーディ派メイクさんの陥りがちな失敗です。
 

これで写真映えは完璧!OKメイク

写真写りは完璧!OKメイク

写真写りは完璧!OKメイク

【肌】ツヤの出るリキッドファンデをチョイス!
ナチュラルに立体感を出すために、ファンデーションは2色使いが理想的。ただ2色揃えるのが難しければ、自然なツヤが出るリキッドファンデーション1色を、顔の中心は濃く、フェイスラインは薄くなるように塗りましょう。

【眉】気持ち太め&長めのメリハリ眉
眉にしっかりと主張があるとそこに目がいくので、顔の余白が気にならなくなります。眉の上端をしっかり描き、下に向けてぼかすと◎。パウダーとペンシルのW使いをすると、より立体感のある眉に仕上がりますよ。

【アイメイク】ラインで作るイマドキ立体感
閉じてもナチュラルなのに立体EYE

閉じてもナチュラルなのに立体EYE

一時期流行ったブラウンを何色も使ったグラデーションは古っぽい感じになるので、写真映えを重視するなら、色ではなく線使いで魅せるのがポイント! 目を伏せた時も、自然でナチュラルです。
写真栄えするアイメイクマップ

写真栄えするアイメイクマップ

1:まずアイホール全体に明るめのブラウンを塗ります

2:上のアイラインは黒のペンシルで、目尻よりもやや長めに引き、グレーのアイシャドウでぼかします。これで目の横幅が大きく見えます。

3:下まぶたにも上のアイラインとつなげるように、ブラウンのペンシルライナーで黒目の外側までアイラインを引き、薄いブラウンのシャドウで
ぼかしましょう。これで目の縦幅もぐっと大きく!

4:最後に目頭にハイライトをオン。立体感が出るだけでなく、うるうる目を演出してくれます。

【チーク】細かいパール感で上品なツヤ
大粒ラメ入りのチークを使うと頬がテカってしまう原因に。チークは微細でシアーなパール感のあるタイプを選ぶのがポイントです。入れる場所は、トレンドの平行などは避け、定番の勾玉型が顔をシャープに見せてくれるのでおすすめ。ちょっと濃いかな?位が写真映えするので、写真を撮る前に足すとなお◎。

【リップ】トレンドの派手めリップで主張
青みピンク全盛期の今春、可愛さとトレンド感が叶う派手めリップをぜひ取り入れてみて。もちろんレッド系でもOK。唇に色があると、顔全体が華やぎます。グロスをつけすぎるとテカテカして下品に見えるので、軽くツヤを足す程度に。

【ハイライト&シェーディング】写真映えの隠れ主役!
ハイライトとシェーディングで立体感!

ハイライトとシェーディングで立体感!

ファンデーションである程度立体感を出したら、そこにハイライトとシェーディングをプラスしていきます。Tゾーン・目の下の三角ゾーンはハイライト、眉頭の下から鼻の付け根あたりにノーズシャドウ、フェイスラインにシェーディングを入れます。ノーズシャドウとシェーディングは同じカラーでOKなので、ぜひ手に入れて欲しいアイテムです。
 

証明写真メイクは血色ありの定番メイクに!

血色ありの定番メイク

血色ありの定番メイク

就職活動やパスポート・免許などの証明写真系のメイクにも注意が必要です。トレンドを追いすぎてしまうと、数年後に見た時に残念な事になってしまうので、流行りを問わない定番のメイクが証明写真ではオススメです。

また、派手に見せたくないからと色味を抑える人が居ますが、顔色を悪く見せて印象を悪くしてしまう場合もあります。美肌の万能カラー、コーラルオレンジをチーク・リップにチョイスして、元気な印象をプラスするとGOOD。
 

写真映えメイクを教えてくれたのは

佐藤氏

 

ヘアメイクアーティスト 佐藤敦俊
2003年アトリエはるか入社。店長やエリアチーフとして店舗の立ち上げからアーティスト育成まで幅広く携わる。その後、上海にてバロックジャパンリミテッドの専属ヘアメイクアーティストに就任。中国・香港のショップスタッフのヘアメイクやコーディネート指導、シーズンごとのファッションショーのヘアメイクなどを担当。高い技術とセンスで外部からの派遣依頼も多く、多岐に渡り活躍中。
 

【関連記事】
衣装協力 : ニット1万7000円、ジャケット3万円 / NATURAL BEAUTY Tel.03-6748-0342

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。