アマランサスの効果

3

雑穀でも成分・効果はそれぞれ異なる。

そんなアマランサスは、NASAでも宇宙食として取り入れられているほど、栄養豊富なスーパーフード。様々な用途で取り入れられています。早速、成分ごとの用途についてご紹介しましょう。

 

・不足しがちなミネラルがたっぷり!
アマランサスには、日本人が不足しがちなミネラル分がたっぷり含まれています。白米と比べると、カルシウムが約32倍、鉄分・マグネシウムは10倍以上、その他、亜鉛やカリウムにも多く含まれているので、無理なくミネラル分を摂取することが可能です。ミネラルには疲労回復効果のほか、鉄分には貧血予防、亜鉛には肌荒れ予防の効果などもあり、女性に嬉しい食品なのです。

・食物繊維で便秘解消
アマランサスには食物繊維が多く含まれているのが特徴。白米と比べるとおよそ15倍含まれています。白米を食べても便秘解消につながることはほぼありませんが、食物繊維を無理なく豊富に取り入れられることで、毎日のお通じがグンと変わってきたという感想も多く聞かれます。

・カリウムでデトックス
アマランサスには、むくみ予防やデトックスにも役立つカリウムが豊富です。また、スーパーフード好きのマドンナが、「内臓クレンジング」のためにアマランサスを始めとした雑穀を積極的に摂っているというウワサも。アマランサスは、全身を内側から美しくしてくれるのです。


アマランサスはこう使おう!

雑穀の中でも最小と言われているほど小粒なアマランサス。食べ方は通常の雑穀と同様に、単体でも・白米と一緒に炊いても美味しく食べられます。扱い方も簡単で、目の細かいザル等で水気を切ってから白米に加えるなどして一緒に炊き上げるだけ。電子レンジでふやかして使うこともできるので、何かと便利です。
3

お湯と電子レンジにかけるだけ!


アマランサス特有の小さな粒は、タラコやキャビアにも食感が似ています。見た目の可愛さも相成って、ドレッシングに混ぜたり、パスタに混ぜたり……など、普段の食事に気軽に取り入れられる点もポイント。

白米と一緒に炊飯器で炊くのが便利ですが、お湯を混ぜたアマランサスを耐熱皿に入れて電子レンジに数分ずつかけるという方法でも、あっという間に出来上がります。

是非、様々な料理にアマランサスを取り入れて、内側から美人を目指してみてはいかがでしょうか?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。