「理想の生活」のヒントは「現実の生活」のなかにある?

カップルの会話

フツーな彼のなかに、理想の結婚相手の原石が隠れているかも?

理想や義務と現実とのギャップを感じ、自分に幻滅したり不安に押しつぶされそうになったとしても、「理想をあきらめること」が最良の道とは限りません。現実の自分を受け止めたうえで、理想に近づいていくという第三の道もあるのです。

たとえば、理想の「王子様」との結婚は無理でも、現実の生活で縁をもった男性のなかに、「王子様」の原石を見い出すこともできます。一見パッとしない男性に思えても、その人のよいところをほめ、マナーをアドバイスしているうちに、突然、垢ぬけたステキな男性に変わっていくことがあります。

また、ビッグアーティストになりたくても芽が出ない場合、地道な仕事を続けながら腕を磨いていくこともできます。ありふれた日常の中で感じたこと、見聞してきたことこそ作品づくりのヒントになり、その作品は多くの人の共感を呼ぶものです。一見、夢から離れているように見えて、実は夢へのいちばんの近道を歩いているのかもしれないのです。

このように、理想をかなえるには、「やるべきこと」を行いながら理想に近づいていくという方法もあるのです。ひとつの考え方、ひとつの生き方だけにこだわらず、自分に合った理想への近づき方を柔軟に探していきませんか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項