ワイヤーワークって、なに?

ワイヤーのガーランド

ワイヤーで作った花のガーランド

ワイヤーワーク(ワイヤーアート)とは、ワイヤーを成形して様々な雑貨などを作るクラフトのことです。使用するワイヤーによって、実用品やインテリア雑貨、精巧なアクセサリーまで作れてしまうので、近年人気のクラフトとなっています。
今回は、このワイヤーワークの手法を使って、植物の名前を忘れないように書いておくプランツマーカー(ネームプレート、ネームタグ)や、庭の彩りにもなる可愛いガーデンピックの作り方をご紹介します!

お手本はアンティーク風プランツマーカー

まずはこちらをご覧ください!ワイヤー成形した土台にアルミ板を留めつけてアンティーク風に塗装をしたプランツマーカーは、フレームワークアーティストの原嶋早苗さん(sanae garden)に教えていただきながら製作したものです。
アンティーク風プランツマーカー

クレマチス‘ダイアナ’をイメージして

土台にはアーティスティックワイヤーを使い、アンティークの風合いを出すため下地材「ミッチャクロン」、アクリル絵の具、保護用のトップコートを塗り重ねて仕上げています。このエイジング塗装によって、オシャレ度も耐久性も抜群のプランツマーカーができあがりました!

記事ではこのアンティーク風プランツマーカーをお手本にしながら、誰でも手軽にチャレンジできるよう百均で揃えられるような材料でアレンジしましたので、是非チャレンジしてみてください!


ワイヤーのお話

アルミワイヤー

ワイヤーも材質によって様々ある

一口にワイヤーといっても、その材質によって違いがあります。例えばポピュラーなスチールワイヤー(いわゆる針金)は、細いものは容易に曲げられますが、材質が鉄なので太くなると固く重くなる上に錆びやすいです。一方アクセサリー作りでは、高価なシルバーワイヤーが使われたりします。

今回のプランツマーカーでは、主にアルミワイヤー、カッパーワイヤーを使用しています。アルミワイヤーはその名の通りアルミ素材で、柔らかくて扱いやすいのが特徴です。また入手も容易で、ホームセンターでは盆栽用として、ダイソーには線径1ミリと2ミリのカラーアルミワイヤーがありました。しかし1ミリ程度の細いワイヤーは、クニャクニャして形が決まりにくいという面もあります。

カッパーワイヤーのプランツマーカー

百均のカッパーワイヤー使用の作例

銅素材のカッパーワイヤーはアルミよりも固めですが、太さ0.9ミリ~1.2ミリくらいなら扱いやすいでしょう。
お手本のアンティーク風プランツマーカーでは、「アーティスティックワイヤー」という製品のカッパーワイヤーを使用しています。こちらは一般的なものに比べて高価になりますが、張りがあって形が決まりやすいです。

そのほか、芯となるワイヤーをナイロンなどでコーティングした「被覆ワイヤー」というものもあります。芯材により硬さは異なりますが、被膜によりカラーバリエーションが豊富なので、工作などにも使われます。作業中にコーティングが破けてしまうことがあるのが難点です。
それぞれの特徴を掴み、作るものに合わせてワイヤーを選びましょう。

次ページは、プランツマーカーの土台を作ります。