部屋に緑は欲しいけれど、手間がかかるのはちょっと無理そう…。そんな方たちにとって手間いらずの多肉植物やサボテンは人気のグリーンアイテムです。でも室内に土を持ち込みたくない、枯らしちゃうんじゃないかと自信がない…という方もおられるでしょう。
それなら、土要らずのエアープランツはいかが?今回は、インドアグリーンとして注目度がアップしている、エアープランツを楽しんでみましょう!

エアープランツって、どんな植物?

エアープランツ

エアープランツ

実はエアープランツというのは、本来の植物名ではありません。基本的に栽培のための土が要らず、空気中の水分などで生育するため、「エアー(air・空気)プランツ(plant・植物)」と称されているにすぎません。
エアープランツとして流通しているものの多くは、「チランジア」という植物です。今回はこのチランジアを基本として、エアープランツの特徴や管理の仕方、楽しみ方をご紹介します。

 

エアープランツの種類と特徴

ウスネオイデス

独特な形状を持つ、ウスネオイデス

エアープランツ(チランジア)は、その近未来的なフォルムが特徴的で、インテリアグリーンとしても人気です。その種類はというと、自然交配もあるため700種以上は存在するといわれており、流通しているのはそのごく一部ということになります。
自然界では樹木や岩石などに根を張って(着生)自らを支え、主に葉の表面から水分と栄養を吸収して生長していきます。
その形状もシュッと針のような葉を伸ばしたものや、うねった葉をズングリとした株から出しているもの、右画像のフワフワとした毛糸を垂らしたようなウスネオイデス(T. usneoides 別名スパニッシュモス、サルオガセモドキ)など、バラエティに富んでいます。
また葉色は「緑葉」のものと、細かい産毛のように見える「トリコーム」と呼ばれる鱗片のために白っぽく見える「銀葉」と呼ばれるものがあります。

エアープランツ

ラベルが進化した、ダイソーのエアープランツ

こちらは、100均で見つけたエアープランツたちです。以前は、ただ「エアープランツ」とか「チランジア」としか書かれていなかったと記憶していますが、今回はそれぞれのラベルにブルボーサ、ジュンセア、メラノクラテル、フクシー、ハリシー、ブラキカウロス、ストリクタ…と、 ちゃんと品種名が書かれていました。
植物ラベルの品種名は、管理方法を調べたいときなど重要になりますので、嬉しい変化ですね。

 

次ページは、エアープランツ(チランジア)の管理方法です。