ほとんど変わっていない? 新しいWord 2016

Word 2016

最新の日本語ワープロWord 2016の強化された機能をレポートします

2015年9月、マイクロソフトのOffice 2016がリリースされました。前バージョンのOffice 2013から約2年半ぶりのバージョンアップなので、「ずいぶん変わったのでは?」と思われるかもしれません。しかし、実はそれほど大きな変化はありません。


次はWord 2013とWord 2016の画面です(上が2013、下が2016)。タイトルバーの色は違いますが、それ以外はほとんど同じに見えるでしょう。

Word 2013

Word 2013


Word 2016

Word 2016。タイトルバーが青色になっています


実際に、今回のバージョンアップでは、Wordにかぎらず、ExcelやPowerPointもそれほど大きくは変わっていません。Word 2013からWord 2016にバージョンアップしても、「あれ、少し変わったかな?」という程度です。とはいえ、操作性の向上、ネットとの連携といった部分はけっこう強化されていますので、今回はこうした強化ポイントを紹介したいと思います。

<目次>

ビギナーにはうれしい「操作アシスト」

Word 2016のタイトルバーを見ると、「実行したい作業を入力してください」と書かれたボックスがあります。これが「操作アシスト」です。

操作アシストは、ヘルプをさらに進化させた機能です。何かわからないことや調べたいことがあるときは、このボックスに通常の文章やキーワードを入力してください。ヘルプと異なるのは、調べるだけでなく、機能を直接実行できる点です。たとえば「翻訳したい」と入力すると、翻訳関連のコマンドが現れて、機能を実行することができます。

特に、まだWordを使い始めて時間が浅く、メニューのどこにどんな機能が用意されているかわからないビギナーの方には便利だと思います。わからないことがあったら、まずは操作アシストで調べてみてください。

「実行したい作業を入力してください」と書かれたボックスに質問の文章やキーワードを入力します

「実行したい作業を入力してください」と書かれたボックスに質問の文章やキーワードを入力します


「用紙サイズを変える」と入力してみました。すると、[ページサイズの選択]というコマンドが表示され、実際に用紙サイズを変更することができます

「用紙サイズを変える」と入力してみました。すると、[ページサイズの選択]というコマンドが表示され、実際に用紙サイズを変更することができます


>次は、「スマート検索」です。