「キャラクターダンス」とは?バレエの有名作品の中で踊られるダンス

キャラクター・ダンスは民族舞踊から多くのエッセンスを取り入れ、バレエ作品に躍動感やリズミカルな趣を加えています。

キャラクターダンスとは?バレエに不可欠な踊り!


キャラクター・ダンスは民族舞踊から多くのエッセンスを取り入れ、作品に躍動感やリズミカルな要素を取り入れるために使用されています。『白鳥の湖』、『眠れる森の美女』、『くるみ割り人形』 などの有名な作品の中には、必ずキャラクター・ダンスが用いられています。

作中にキャラクター・ダンスが用いられることによって、物語を追うだけの退屈さを消す事が出来るという利点もあります。
 

キャラクターダンスの代表的な2つの踊り

1.マズルカ
マズルカはポーランドの民族舞踊です。マズルカのリズムは多様ですが、今日では3拍子で構成されるものがほとんどです。

バレエの作中で踊られるマズルカは、ポーランド固有の民族舞踊という領域を、はるかに超える踊りとなっているようです。そもそもバレエの中で取り上げられる民族舞踊は、バレエ的に改良されて行くものなので、その原形をとどめることは困難です。

バレエでのマズルカは、ゆったりしたテンポの中に優美さ、そして速いテンポの中では躍動感を表現しています。

2.チャルダッシュ
チャルダッシュはハンガリーの踊りです。ハンガリー語で 「酒場」 という意味のチャールダと言う言葉に由来しています。

兵士が居酒屋で兵士募集のために踊ったものとされています。かかとを打ち鳴らす動きが多用されていますが、それは兵士の靴のかかと部分に拍車がついており、それを鳴らすためだとされています。

チャルダッシュはゆっくりなテンポから始まり、徐々にテンポを上げていき、最後には非常に速いテンポで踊られます。その躍動感ゆえに、観客も踊り手も気分が高揚するという、独特な雰囲気を持った踊りと言えます。
 

キャラクター・ダンスを踊ると気分上々!

足さばきが独特なキャラクター・ダンスは、踊っていると気分が高揚し、とても楽しいものです。クラシック・バレエとは違ったからだの使い方、リズムの取り方、様々な要素が開放感をもたらしてくれることでしょう。

キャラクター・ダンスを教えるスタジオはさほど多くないのですが、ぜひ探していただき、キャラクター・ダンスの楽しさを味わって欲しいと思います。

キャラクター・ダンスも含めてバレエですから。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。