栗の下ごしらえをマスターしよう

栗の下ごしらえ方法を紹介

栗の下ごしらえ方法を紹介

栗はゆでたり、ごはんに炊き込んだり、ペーストを作ったりと、栗の調理法はレパートリーが豊富。とはいえ、まず必要なのは固い鬼皮をむくことですね。

ここでは栗の下ごしらえの方法を紹介しています。一度マスターしてしまえば、思っている以上に簡単ですよ。
   

皮のむき方と下ごしらえの方法

■熱湯に浸けてからむく
最も一般的な栗の皮のむき方は、熱湯に浸けて、鬼皮を柔らかくする方法です。

1:栗を熱湯に一時間浸ける
 
たっぷりのお湯に浸けます

たっぷりのお湯に浸けます

洗った栗を熱湯に1時間ほど浸けて鬼皮を柔らかくします。栗によっては短時間で鬼皮が柔らかくなる場合があります。







2:包丁で栗の座の部分を切り落とす
 
底のザラザラした部分を切り落とします

底のザラザラした部分を切り落とします

包丁で栗の底のザラザラした部分(座)を切り落とします。ここの工程で鬼皮がかたくなってしまっていたら、再度お湯に浸けて鬼皮を柔らかくしてみてください。
座の部分は固いので、ステンレスの包丁よりは、菜切り包丁など、重みのある鉄製の包丁を使った方が切りやすいです。ステンレスの包丁しかない場合は、かぼちゃの皮をむく要領で、体重を刃に乗せながら座を切り落としましょう。


3:栗の鬼皮と渋皮をむく
 
鬼皮をむきます

鬼皮をむきます

切り口に包丁の刃を入れ、栗のとがっている方向へ、鬼皮を引っ張りながらむき、残った渋皮を包丁でむきます。







4:栗のアクを抜く
 
水に浸けてアク抜きします

水に浸けてアク抜きします

たっぷりの水を張ったボウルにむき栗を2~3時間浸け、アクを抜きます。
 
■圧力鍋で加熱してからむく

圧力鍋で加熱すると鬼皮がとても柔らかくなるので、渋皮ごときれいにむけます。

1: 栗がかぶるくらいの水を入れ、加圧したら5~10分加熱します。
2: 火を止めて減圧してからふたを開けます。
3: 鬼皮が柔らかくなっているので渋皮ごとツルンとむけます。【熱湯に浸けてからむく】工程2以降のステップ同様、皮をむいてアク抜きします。

加熱しすぎると栗の実の部分も柔らかくなりすぎて、形が崩れてしまうことがあるので気をつけてください。その場合はペーストにしましょう。
 

栗を調理する際の注意点

蒸し栗は、竹串で火が通っているか確認しましょう

蒸し栗は、竹串で火が通っているか確認しましょう

  • 下ごしらえした栗は、全体に火が通っていないので、加熱調理してしっかりと火を通す必要があります。ごはんと一緒に炊き込んで栗ごはんにしたり、甘露煮やマロンペーストにしたり、煮物や炒め物にしましょう。
  • 強火で10分蒸すと、甘くてほっくりした蒸し栗になります。粗熱が取れてから皮をむけば、むいたものをそのまま食べることができます。蒸したら竹串などを刺して火の通りを確認してみてください。
  • 鬼皮に切り込みを入れて、200度のオーブンで20分ほど焼くと、甘くて香ばしい焼き栗になります。栗の切り込みがめくれてくるので、竹串を指して、火の通りを確認してから食べてみてください。
 

ガイドから栗の下ごしらえについてワンポイントアドバイス

渋皮は、よく研いだ包丁でむくようにしましょう。地道な作業ですが、お湯に浸けて皮を柔らかくしておけば、それほど力を入れずにむけるはずです。

市販されている、栗の皮むきはさみなどもありますので、上手に利用してみてもよいでしょう。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。