もったいない!間違ったビタミンCの摂り方に注意

美容や健康のために摂りたい成分と言えば、真っ先にその名が上がる、ビタミンC。ビタミンCは美肌のほか、疲労回復にも役立つとして、日々の美容健康ケアに欠かせない成分となっています。
しかし、摂り方次第でその効果の出方は雲泥の差に? そこで今回は、ビタミンCと上手く付き合う方法をご紹介します。
ビタミンCには、効果が激減するNG摂り方もある

ビタミンCには、効果が激減するNG摂り方もある


ビタミンCって実際どうなの?

プラセンタにプロテオグリカン、レスベラトロールのようなポリフェノール類など、日々、目新しい成分の研究が重ねられ、様々な美容サプリメントが発売されています。そんな中でも、定番美容成分として常に上位に君臨しているのが、ビタミンC。時代も流行も関係なく、常に支持され続けている理由は、やはりその効果の程にあるのではないでしょうか。

ビタミンCの用途は、サプリメントなどで摂取する“内側の美容”だけではありません。ビタミンC誘導体などの形で化粧品や美容医療の場でも活用されているように、美容とは切っても切れない存在なのです。ただし、ビタミンCはデリケートなので、その扱いにも注意が必要。

1

さつまいものビタミンCは壊れにくい!

例えば、調理の前に長時間水にさらしておくと、ビタミンCは逃げてしまいます。他にも、加熱に弱く、火を通すとその成分が壊れてしまったり(さつまいもに関しては、でんぷん質に守られているので加熱してもビタミンCが壊れにくい)、カットした果物をそのまま置いておくと酸化して茶色くなってしまいます。

扱い方に留意し、ベストな状態でビタミンCを摂取すれば、期待通りの効果を得ることが出来るはずです。


ビタミンCの働き

3

ビタミンCと美肌成分の関係は深い?

ビタミンCが肌に良いと言われる所以、それは、肌の真皮細胞・線維芽細胞の働きをスムーズにするための働きをもつこと。線維芽細胞とは、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン等の美肌に欠かせない成分を生成している細胞の事を指します。

つまり、ビタミンCを摂ることにより、いわゆる美容成分であるコラーゲンやヒアルロン酸等の働きを、最大限に引き出すことができるのです。

他にも、様々な健康効果があることでも有名ですが、特筆すべきは抗酸化作用。特に、タバコを吸われる方や老化に悩んでいる方に、オススメなビタミンでもあります。


ビタミンCは何に含まれる?

5

ビタミンCを豊富に含む果物

私たちの食生活の中でも、特に身近に感じられる成分、ビタミンC。それは主にドリンクやサプリメントのパッケージに記載されているからなのかもしれません。しかし、ビタミンCはおなじみの果物、レモンやイチゴ、キウイをはじめ、パセリや赤ピーマン、ブロッコリー、さつまいも、飲み物で言えば緑茶にも豊富に含まれています。

よく商品パッケージや広告で、「ビタミンC・レモン2500個分」などの表記をよく見かけることがありますが、やはり通常の食生活、野菜や果物だけで、これほど多量なビタミンCを摂取するのは難しいもの。そこで、ドリンクやサプリメントが活躍するのです。

※参考 厚生労働省発表 日本人の食事摂取基準(2015年版)

次ページでは「ビタミンCの効果的な摂り方」を紹介します。