ローストポークとリンゴのサラダ

所要時間:60分以上

カテゴリー:メインのおかずローストポーク

 

コクのある豚肉をさっぱりとおいしく食べる

コクのある豚肩ロース肉のローストと、さっぱりとした生のリンゴを合わせたサラダ。さらに柑橘を加えて爽やかさを出しても、レーズンなどを加えても美味。前菜に最適ですが、豚肉の量を増やせばメインディッシュにもなる料理です。

ローストポークとリンゴのサラダの材料(5人分

材料
豚肉 肩ロース ブロック 500g
5g
りんご 1個
ブラックペッパー 適宜
ライム 1個

ローストポークとリンゴのサラダの作り方・手順

作り方

1:

冷蔵庫から出した豚肩ロースのブロック肉に、塩をまんべんなくすりこみ、常温に戻るまでおく。

2:

160℃に予熱したオーブンで40分、なかに火が通るまで焼く(焼き時間はオーブンによってかなり違ってくる)。中心まで竹串を刺し、血液ではなく、透明な肉汁が出てきたら焼けている。

3:

肉を薄く切り、棒状に切ったリンゴ、千切りにしたライムの皮を載せ、ライムの絞り汁とブラックペッパーをかけて完成。
写真のようにリンゴの形に仕立てても面白い。

ガイドのワンポイントアドバイス

季節によって、レモン、すだち、ゆず、橙などを使い分けます。白ワインに漬けたレーズンを載せたり、豚肉に水や白ワインで薄めたマーマレードを塗ってもおいしいです。またピンクペッパーを飾ると見た目がよくなります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。