漢方発想の天然生薬配合入浴剤タイルを改善するチャンス!
肌悩みで気持ちが沈むことありますよね

肌悩みで気持ちが沈むことありますよね

肌悩みが深刻化したり、ニキビが出来ているときは、皮膚科に行くのが大前提なのですが、それでも治癒させるまでに数週間はかかるもの。ひどく肌が荒れると、「ぱーっと遊びに行こう」なんていう気分には到底なれないものです。

ガイドもそんな時期を(何度も)過ごした経験があります。いろいろ試して見つけた、肌への刺激が低い過ごし方、ストレスにならないお出かけ先を厳選してご紹介します。

大事なことは、肌荒れが食生活や住環境・時間の過ごし方などを見直すきっかけ、として前向きにとらえることです。特に、ニキビは「とにかくニキビに触らない! 」ことが重要で、出来ていることを忘れるほど‘ほかの何か’に集中してください。

プチ鬱対処法1 ワンランクアップさせたバスタイムを過ごす

レアな入浴剤で特別なバスタイムをすごして

レアな入浴剤で特別なバスタイムをすごして

リラックスと疲労回復になるのがバスタイム。お気に入りの入浴剤を入れたり、キャンドルを灯したりすれば、いつものバスルームが、ちょっとしたリラックス空間に。

入浴剤にこだわるのは手軽でおすすめです。お風呂の蒸気で毛穴もひらくので、毛穴の汚れをオフする洗顔料などを使ってもいいのですが、肌にとっては刺激になることもあるので、ほどほどに。

漢方発想の天然生薬配合入浴剤

亀田利三郎薬舗undefined勾陳ゆ

亀田利三郎薬舗 勾陳ゆ


亀田利三郎薬舗
勾陳ゆ 
600円(税抜本体価格)

漢方が主成分の製薬会社が販売する天然生薬配合の入浴剤。心を鎮める効果の高い香木「沈香」「厚朴」「甘草」などを配合し、過緊張から心と身体を解放するすっきりとした香りです。不織布の中に生薬が入ったタイプなので、お風呂の中で握るだけでもほっとします。

次のページでは「お部屋での気分転換方法」をご紹介します。