食パンに特化した専門店「一本堂」が各地に続々オープン!

食パン専門店が話題になっています。
わかりやすく魅惑的な看板

わかりやすく魅惑的な看板

食パンを中心とした品揃えの店というと、浅草の「ペリカン」や銀座の「セントル ザ ベーカリー」などの人気店が思い浮かびますが、食パンに特化した専門店は一般的にみてそう多くはないのです。ありそうでなかった業態、それが今、あちこちでオープンしています。
一本堂の商品棚

一本堂の商品棚

焼きたて食パン専門店「一本堂」は、看板商品の「一本堂食パン」(250円)を始め、基本的に4種類の食パンを販売する店です。2013年に大阪の都島に直営の一号店をオープン、翌年東京進出。フランチャイズ契約をした企業や個人経営者が大阪、東京、神奈川、愛媛、愛知などで次々と開店しています。
一本堂食パン

一本堂食パン

一本堂食パンの特徴のひとつは生地量500gの重量感。この理由はあとで述べます。スーパーやコンビニエンスストアの食パンに比べ100円ほど高価かもしれませんが、食感がしっかりあって、ふんわりもっちりを味わわせてくれます。けれどそれらは過剰ではなく、個性を主張することはない。そんなパンです。普段はリテイル(小売の)ベーカリーで食パンを買う人も「250円でこのクオリティ!」と驚くかもしれません。
いつも焼きたて

いつも焼きたて

生地量がさらに100g多く内相が緻密な「たから」(330円)はヒキが少なくずっしりと食べ応えがあります。プレーンなパンの中で唯一、具材入りの「レーズン」(350円)はラムレーズンが1斤に80gとたっぷり。以上3種はカナダ産の小麦粉を使用しています。
たから

たから

最も高価な「ゆたか」(360円)は石臼挽きの国産小麦(長野県産ゆめちから70%、北海道産のゆめちから30%)を使用。いずれも店内で1本堂オリジナルの粉から作られています。
ゆたか

ゆたか