中国の伝統的なお菓子

中国っぽいお菓子で真っ先にイメージするのは、どこか懐かしい感じがする、赤いサンザシの飴がけの串(糖葫芦)ではないでしょうか?

「糖葫芦(タンフール)」は日本でいうリンゴ飴のようなもので、昔から中国各地で愛されている庶民のスイーツです。
糖画

干支をモチーフに、溶かした赤砂糖で描く「糖画」

飴つながりでみると、人が集まる繁華街などに行くとよく見かけるのが、「糖画(タンホア)」。購入前に干支のルーレットを回し、当たった干支をモチーフに、溶かした赤砂糖で描いてくれる中国の伝統的な民間工芸です。
吹糖人

立体的な動物を描く飴「吹糖人」

そして、飴細工でもう一つおすすめなのが、「吹糖人(チュイタンレン)」。糖画は台の上に飴を使い描く平面的な飴、対して吹糖人は立体的な動物を描く飴です。どちらも砂糖を溶かして作るお菓子。古き良き中国のお菓子はどこか温かみがあり、懐かしい感じですね。

※成都市内の中心にある古い通りを再現した「錦里(ジンリ)」には糖画、吹糖人と両方あります

寛窄巷子で食べるお菓子「三大炮」

清朝時代(18世紀)、成都に派遣された八旗兵たちの駐留地の跡地として、古い街並が残されていて、密かに人気の通りだった「寛窄巷子(クアンジャイシャンズ)」は2008年に全面改装され、新しい観光地として、生まれ変わりました。
三大炮

成都名物のスイーツ「三大炮」

そんな寛窄巷子を歩いていると、たまに聞こえてくるのが、ドン!ドン!ドン!と銅鑼が三回なった音。この音が聞こえてきたら、成都名物のスイーツ「三大炮(サンダーパオ)」がある証拠です。

三大炮を注文すると、まず職人さんが蒸してある大きなお餅から三つほどお餅を取ります。そして、銅鑼の上に投げつけ、ドン!という音が鳴り、きな粉が敷いてある台へ着地。それを2回繰り返し、きな粉をたっぷりまぶしたのち、黒蜜をかけて食べます。
三大炮

きな粉をたっぷりまぶし黒蜜をかけて食べる

和菓子と似ているお菓子なので、日本人でも気軽に食べられます。ぜひ、記念撮影しながら、食べてみてください。
※値段:お餅三つで 6元