伝統工芸品と四川の特産品

古き伝統の中に美しさを感じる、これは万国共通の感覚ではないでしょうか?
望江楼公園

成都「望江楼公園」 ※龍玲氏の作品


民間の中に深く根づいた工芸品には何か人の温かさを感じます。画一的に作られたものと違い、一つ一つがユニークで職人の思いが詰まっているからかもしれません。そんな、温かい手作りの工芸品はお土産に最適です。今回は持ち運びがしやすい、四川のオススメの工芸品5つを厳選し、ご紹介します。

  • 中国を表現する切り絵「剪紙(ジィエンジー)」
  • ひょうたんを加工し作る中国アート「葫芦画(フールーホァ)」
  • 米の上に描く世界最小のアート「米上刻字(ミーシャンカァーズ)」
  • 蛋の殻の上に中国を描くエッグアート「蛋殻画(ダンカァーホァ)」
  • なつかしい四川の風習を描く「民俗画(ミンスーホァ)」

さらに、工芸品以外のお土産として、ぜひ、試してほしいのが、四川の特産品です。四川で長く愛されている豆瓣醤、四川料理で使う調味料などオススメのお土産を5つご紹介します。

  • 四川料理の魂「豆瓣醤(ドウバンジャン)」はピー県産
  • 「麻辣(マーラー)」味の決め手、唐辛子と花椒
  •  四川でシェアNo1の黒酢「保寧酢(バオリンツー)」
  •  お茶発祥の地、四川で飲まれているお茶とは?
  • 高級白酒の代名詞「五粮液(ウーリャンイエ)」の酒蔵は四川

お土産を買うのも旅の楽しみの一つ。この情報をお土産を渡す際の話のネタに使ってください。

昔にタイムスリップ?「錦里(ジンリー)」で買う伝統工芸品

成都で伝統工芸品を買うなら、「錦里(ジンリー)」がオススメです。
錦里

明朝、清朝時代の街を再現した「錦里」

錦里は明朝、清朝時代の建築様式を真似て作られた、繁華街になります。
全長約350m、幅4mしかない狭い通りには、お土産屋、工芸品、レストラン、お茶屋、カフェなどたくさんのお店がぎっしり。

その中で特に目を引くのが、伝統工芸品を売っている屋台です。今回はこの屋台のお店を中心に伝統工芸品を紹介していきます。


場所:成都市内。錦里は「武侯祠」の横にあります

四川随一の切り絵師が作る「剪紙(ジィエンジー)」

切り絵で描いた龍

切り絵で描いた龍 ※龍玲氏の作品

一枚の赤い紙の中で、中国を表現する切り絵「剪紙(ジィエンジー)」。剪紙は6世紀頃から存在し、漢民族の中で一番古い民間工芸の一つと言われています。専用のハサミ、または彫刻刀を用い、紙の上に花や動物、風景、人物、中国の風習などの図案を切り出すアートです。

龍玲

イ族、中国民間切り絵師「龍玲」氏

芸術に完璧ということはありません、芸術が好き、表現が好きという人が本当の芸術家
切り絵師「龍玲(ロンリン)」氏。小さい頃から切り絵が好きで、祖母から切り絵を習い、今では四川を代表する切り絵師に。切り絵に携わり30数年。国内外からの取材も多く、今まで香港、日本、アメリカ、フランス、韓国等へ招待され、様々なところで活躍。昔は日本人の弟子もいたとのこと。

このお店では彼女の作品が手軽な値段で購入できます。小さい切り絵であれば、10元以内でも購入可能です。運が良ければ、龍玲先生が店に来ていることもあるので、ぜひ、話しかけてみてください。


ひょうたんを加工し作る中国アート「葫芦画(フールーホァ)」

葫芦画

瓢箪の上に中国絵画を描く「葫芦画」

「葫芦画(フールーホァ)」とは、ひょうたんの上に中国特有の字、詩、絵を描く民間工芸です。宋の時代から始まり、清朝時代に大いに流行ったと言われています。ハンダゴテのような道具で、瓢箪の表面を焦がして、描きます。

高大山

葫芦画家「高大山」氏


キャンパスを瓢箪とし、中国絵画の技術を使い描く。創造は土着文化から来る。
どこか仙人のような風貌の持ち主の「高大山(ガオシャンシャン)」氏。元々は中国絵画の画家。密画の画法で書いたパンダは外国使節・賓客の接客の場所としても使われる「人民大会堂」に収蔵されている実力派。

今は、瓢箪の上に描く中国的な芸術に関心を持ち、数多くの作品を作られています。小さい瓢箪は数十元から購入できます。瓢箪は中国ではめでたいものとして、昔から人気がある縁起物。これぞ!というものがあれば、購入してみてはいかがでしょうか?