四川の名物料理、ウサギの頭

四川省の友人が「これは四川の名物さ!」と紹介したその料理は、なんと「ウサギの頭」でした。四川ではウサギの頭料理を「老媽兎頭(ラオマートゥートウ)」、または「麻辣兎頭(マーラートゥートウ)」と言い、四川省の省都・成都市内であれば、至る所で売っています。

この地域では夜になると「冷談杯(ランタンベイ)」へ行き、ビールを飲む習慣があります。冷談杯とは、夜がふけてからつまみをお酒とともに食べ、そして、仲間たちとわいわい話す場所のこと。日本でいう居酒屋のような場所です。冷談杯の料理はあらかじめ作られている料理が多く、お客さんは好きなつまみとビールを注文します。

ウサギの頭は冷談杯で人気のつまみの一つ。ちびちびとウサギの頭をかじり、ビールを飲む。ちょっと想像が難しいかもしれませんが、ビールのおつまみとしては最適。私も実際に勇気を出して食べてみると、ウサギ臭さもなく、非常においしい料理でした。

ウサギの頭を売っている屋台

寛窄巷子にてウサギの頭を売っている屋台


ビールのつまみに!人気のお店

「老媽兎頭」の本場は成都市内から少しはなれた空港近くの双流県です。成都人の中で一番人気なのは、双流県にある「双流県老媽兎頭」というお店。

双流県は成都市内からアクセスも悪いので、成都市内からタクシーで行くのがおすすめです。一押しのメニューは麻辣兎頭(一つ6元)、五香兎頭(一つ5元)。

<DATA>
■双流県老媽兎頭
場所:四川省成都市双流県清泰路85号(老車站の近く)
営業時間:8:00~23:00

張麻辣

成都市内で人気のテイクアウト専門店「張麻辣」

このほか、冷談杯ではないですが、成都市内でのおすすめはテイクアウト専門店の老舗「張麻辣」。この店の「麻辣兎頭」は鹵水で煮込み、秘伝の調味料に漬け込んでいるため、味がしっかりしていてとてもおいしく、この界隈ではかなりの人気店。お昼時になると多くのお客さんでにぎわっています。おすすめは麻辣兎頭、蒜泥白肉です。

<DATA>
■張麻辣
場所:四川省成都市錦江区三聖街12号
営業時間:9:00~20:00

ウサギの頭の食べ方


麻辣兎頭

四川でよく食べられる「麻辣兎頭」

最後に、食べ方を。ウサギの頭を購入すると、使い捨てのナイロン手袋を渡されます。手袋をはめて、まずはほほ肉、あごの肉を食べましょう。次にメインとなる脳みそです。頭蓋骨をわり、脳みそを吸います。食べる場所が非常に少ないので、ゆっくり味わって食べてください。きれいに食べられるようになれば、もう立派な四川料理通です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。