「お願い」したら「お礼」のメールをすばやく返す

マナーができれば信頼される

マナーができれば信頼される

なにか「お願い」をして相手が行動を起こしてくれたときは、「お礼」のメールを送ります。
就職活動中は志望する企業はもちろんのこと、学内外のいろいろな人にお願いをする場面があります。そのひとつが卒業生に「OG・OB訪問をさせてください」というお願いです。ただ、お願いは必死でするくせに、お礼をいっさい伝えてこない人がいます。社会では、挨拶やお礼をしない人を無礼とみなします。
あなたのために誰かが時間や労力を割いてくれたなら、必ず感謝の気持ちを伝えてください。

× 「お願い」した後は知らんぷり
◎ キチンとお礼を伝える

深夜に送信しないで

お礼メールは、訪問した当日に送ってください。時間は深夜でなく、ビジネスアワー(執務時間、営業時間)に送信するようにします。とはいえ学生にも授業があるので、訪問が夜になることもあるでしょう。送信時間のめやすとしては22時台までを心掛けてください。先輩が寝ている時間に活動して非常識の印象を与えないよう、今から夜型人間は卒業しておきましょう。

× 自分の都合のよい時間に送信
◎ ビジネスアワーに合わせて送信

次のページでは、 OB・OG訪問後に送るメールの文例を紹介します。