代謝アップを狙う! 肩甲骨ストレッチ

肩甲骨周辺は、僧帽筋という大きな筋肉があります。首や肩のコリはこの筋肉の血行不良によって引き起こされることが多いようです。また、肩甲骨周辺には、脂肪燃焼細胞である褐色脂肪細胞があるので、ダイエットに非常に効果のある部位なのです。また、ねじる動きによって、背中やお腹周辺も引締めて行きましょう。



1 
1.正座の姿勢から両手を床につけ、ゆっくり腕を前に伸ばしましょう。この時、お尻はかかとから離れ、両ひざとお尻がなるべく縦一直線になる位置にしましょう。

息を吐きながら、腰から背骨全体を伸ばし体のつまりを取りましょう。この動きは、腸を活性化するので、便秘気味の方はぜひ習慣に!

 


 
2 
2.四つん這いの位置に戻り、右手の甲、右肩、右側頭部を床につけ、右の肩甲骨周辺を刺激しましょう。あごは軽く引き、首の後ろも無理のないように自然なカーブをキープして。

このまま5呼吸繰り返しましょう。

 
3 
3.反対側も同様に行います。