映画のロケ地にもなった衣張山山頂からの眺め

先ほどの夫婦像の場所から、およそ5分ほど登ると、目の前の視界がパッと開ける広場に到着。ここが、衣張山山頂(標高121m)です。

衣張山山頂からの眺め

衣張山山頂からの眺め


山頂からの眺めは、大変素晴らしく、山に囲まれた鎌倉の市街地と海がよく見えます。また、海に突き出した稲村ヶ崎の奥には江の島、さらに、秋から冬にかけては富士山が見える日もあります。

なお、この場所は2015年に公開された映画『海街diary』で、幸(綾瀬はるか)とすず(広瀬すず)が二人で登った山のシーンで使われていました。

鎌倉ナンバーワンの絶景ポイント「パノラマ台」へ

衣張山山頂で小休止したら、今度は尾根伝いに歩いて行きます。何度かアップ・ダウンを繰り返しながら、20分ほどで麓(ふもと)の広場に到着。ここは、鎌倉市と逗子市の間に造成された「ハイランド住宅地」の一角になります。

手作りの道標が設置されている

手作りの道標が設置されている


手作りの道標に従い、「名越切通」の方角へ歩いて行きましょう。

木の柵に沿って進みましょう

木の柵に沿って進みましょう


南側の眺望が開けた歩道を歩いて行くと、「関東の富士見百景」と書かれた看板があります。ここは、富士山がとても大きく美しく見える場所で、「浄明寺緑地」(『かまくら幼稚園裏手』)の富士見ポイントとして知られています。

「関東の富士見百選」にも選ばれているビューポイント

「関東の富士見百選」にも選ばれているビューポイント


「車止め」が設置されている場所

「車止め」が設置されている場所


公衆トイレの先から「車止め」を越えて先に進んでいきます。ここから先は、「鎌倉市子ども自然ふれあいの森」の敷地内を歩き、野鳥や草木など、豊かな生態系を見ることができます。

ここは、右に進みます

ここは、右に進みます


少し歩くと、道が二手に分かれていますが、左側の水色のフェンスがあるほうではなく、右の道へ進みましょう。すぐに、右手に「パノラマ台」という展望台へ続く道が分かれます。

「パノラマ台」への登り坂は、普段、運動不足の人には少々きつい登りかもしれませんが、階段の段数はそれほどでもないので、がんばって!

頂上からの景色は、こんな感じです!
このような小さな展望台が設置されています

このような小さな展望台が設置されています

「パノラマ台」から、鎌倉側の眺望

「パノラマ台」から、鎌倉側の眺望

「パノラマ台」から、逗子側の眺望

「パノラマ台」から、逗子側の眺望


西側には鎌倉の市街地と海、空気の澄んだ秋から冬にかけては富士山がはっきりと見える日もあります。一方、東側に広がるのは逗子の市街地と海。素晴らしい眺望を存分に楽しみましょう。

次のページでは、”鎌倉らしい”景観として人気の高い「名越切通し」を見に行きます。